東京つばめ鍼灸のブログ(表)( ´∀`)

完全無所属・無宗教な院長が不定期に更新中。

最新の刺鍼法

中医経典の1つである『针灸大成(針灸大成)』には、“病滞则久留针(病が長引くのであれば、針を長時間留める)”、と記されている。 http://zhongyibaodian.com/zhenjiudacheng/ www.fane8.com つまり、すでに古代中国では、一定時間の留針(置鍼)によって…

文字と数字と医学の本質

巷(ちまた)にあふれている文字や数字には、往々にして、呪術的な意味が隠されていることがある。その類に関する知識や教養があればすぐに見抜けるが、無知であると、脳はそれらを単なる文字と数字の羅列としてしか認識できない。 www.youtube.com 例えば、…

難病と常識と鍼灸

マニュアル通りに刺鍼していると、ある時期から「あまり効果が感じられなくなってきた」と訴える患者が、一定数現れることがある。 特に開業してから数年が経過し、ある程度の臨床経験を積み、技術が向上して評判が良くなってきた頃、どこへ行っても治らなか…

新コロとデジタル化

散在した情報をかき集めて精査・推理し、真相を導き出すことができた人は、あまりにも少ない。今回の新コロ詐欺は、賢者と愚者を見事に二分した。 www.youtube.com 自分で調べることさえせず、思考せず、常に他人に答えを求めているような人々は一生真相に気…

気象操作について考える

日本で気象操作(weather control)について知っている人は、どれくらいいるだろう。 en.wikipedia.org www.youtube.com 無数の新コロ自粛警察が闊歩する日本の現状を鑑みれば、「気象操作は陰謀である」と未だ根拠なく信じている人が大半を占めているのかも…

安全な調理器具を選ぶ

ニ〇リの土鍋事件があって以来、調理器具は基本的に日本製しか使わないことにしている。調理中にカドミウムや鉛が溶け出すとはまことに恐ろしいことであるが、スポンサー第一主義のマスゴミは、今も昔も不都合なことは一切報道しないから、自分で情報を集め…

新コロ61の真実(5)

52.大衆は大幅自粛、テレビは通常営業 53.時短営業に科学的な根拠はない 54.高級官僚、ビジネス関係者らは隔離免除 55.メディアは新コロ詐欺を知っている 56.新コロの設定がコロコロ変わる 58.未だかつてない言論統制 59.新コロは賢愚のスクリーニングに役立…

新コロ61の真実(4)

39.換気不能な地下街でクラスターが発生しない 40.ゲノム配列に33個の連続する「A」がある 41.枠珍公開摂取の映像にも「33」 42.「3密」に科学的根拠なし 43.感染者数は操作されている 44.「新コロ」もゲマトリアで666 45.「重大局面」なのにマスクをしてい…

新コロ61の真実(3)

26.新コロ21(COVID-21 virus )の出現を予告 27.新コロの世界を描いたような壁画 28.AIが新コロ記事を自動生成してる? 29.証拠隠滅?火葬するのが早い 30.クラスターの発生場所が限られている 31.クラスターが発生、でも重症化なし 32.全世界で枠珍強制を…

新コロ61の真実(2)

13.日本国内感染者の約80%は国籍不明である 14.診断書の書き換えを強要された医師が告発 15.感染者数のカウントを1年でリセットせず 16.インフル定点患者報告数が突如としてゼロ 17.新コロ詐欺の裏で進む怪しい計画 18.Dr.COLLEEN SMITHの動画はヤラセ? 19…

新コロ61の真実(1)

自分で調べもせず、新コロが脅威であると盲信し、白痴化されつつある人があまりにも多いので、とりあえず現状で明らかな情報を、61項目に分けてまとめてみた。 1.新コロの存在を証明する科学論文がない 2.新コロの分離成功を示す科学論文が存在しない 3.「PC…

新コロ煽り動画を検証する(3)

メディアの報道には、往々にして、何らかの「意図」が隠されている。 www.youtube.com そもそも、メディアは正しい情報を伝えるために作られたものではなく、世界の「仕組み」を都合よく持続させるために作られたものである。 www.youtube.com www.youtube.c…

新コロ煽り動画を検証する(2)

2020年3月末にイギリスのChannel 4 Newsで報道された、NYの新コロパンデミックの様子を伝えた実際のニュースも、海外ではFake映像だと騒がれていた。 www.youtube.com 映像の題名は「New York coronavirus cases surge-hospitals struggle to cope(NYでは新…

新コロ煽り動画を検証する(1)

2020年末に某テレビ局が放送していた新コロ病棟のドキュメンタリーは、ツッコミどころ満載な映像だった。多少なりとも医学的な知識があれば、この映像に違和感を感じる部分が多々あろうと思う。 www.youtube.com 例えば、救急隊員だと言う男が頭にバンダナ、…

健康のための5つの習慣(東京つばめ鍼灸WPブログから転載)

tokyo-tsubame89.com 健康のための5つの習慣 健康にとって最も重要なのは、粗食小食を常とし食を慎むことと、心を安らかにし自律神経を安定させること、有酸素運動を積極的に行い、ある程度の筋肉量とその柔軟性を保つこと、睡眠時間帯を一定させ、6~7時間…

受領委任制度が導入された

2019年1月、はり、きゅう、あん摩マッサージ指圧の受領委任制度が導入された。 これまで、一部の整骨院による受領委任制度を悪用した不正請求が後を絶たず、鍼灸業界への導入は絶望的だったが、ようやく導入された。 kouseikyoku.mhlw.go.jp 現在、導入開始…

腸骨筋刺鍼用の新型特注針が届いた

先日やっと、中国の針屋に特注していた針が届いた。 今回は、厚生局に出した薬監証明はすぐに返信されてきたけれど、DHLの対応が少し遅かった。しかし、カスタマーセンターにメールしたら、自前の黄色いトラックで翌日に配達してくれた。通常、DHLは佐川急便…

鍼の輸入代行

そろそろ、鍼の輸入代行業を始めようかと考えている。 現在、代行しているのは知り合いの鍼灸師Fさんの分だけだが、コロナ諸々の影響もあり、将来的には需要が出てくるのではないかと考えている。 とは言っても、現在は本業の他にやらねばならぬことが沢山あ…

梨(ナシ)の効用

以前松江に住んでいたせいか、ナシといえば、やはり鳥取県の二十世紀が好みである。 東京のナシといえば多摩川梨が有名で、現在、稲城市に約110戸、日野市に25戸のナシ農家があるそうだ。あまり知られていないが、府中市でもわずかながら栽培されている。 多…

まともな鍼灸師の思考法

以前、「鍼で気胸を起こすアホがいるが、ワシは鍼で気胸を治すんじゃ!ゴッドハンドじゃ!」とか、中国語を解せぬのに「新中国の中医学に基づいた最高の鍼灸治療が受けられるのはウチだけじゃ!他はアホじゃ!」などと嘯(うそぶ)く鍼灸師がいた。 そもそも…

羊とコ〇ナワク〇ン

政府は来年初頭までに、新型コ〇ナウイルスのワク〇ン接種を開始させようと目論んでいるようだ。 はーい、皆さん起きてくださいよ。もはや日本人の敵と言っても過言ではない厚生労働省がいよいよ全国民にワクチン接種とか言い出しましたよ。今こそ目覚めた日…

新聞奨学生時代の思い出(8)

貧しい苦学生に見えたのか、集金中に突然食べ物を渡されることがよくあった。 特に、古い戸建てが密集する地域では、80歳前後のおばあさんが食べ物を差し出す確率が高く、また同時に、それは賞味期限切れの食べ物である確率も高かった。 大きな一軒家に独り…

新聞奨学生時代の思い出(7)

新聞奨学生になって1年くらい経った頃、集金業務をすることになった。そうは言っても学業との兼ね合いで、100%の回収には無理があったから、月内に80%まで回収してくれればいいよ、と店長が言ってくれた。私が月内に回収できなかった分は、社員がやってく…

新聞奨学生時代の思い出(6)

私が所属していた新聞販売店には、様々な事情を抱えた人が多く集まっていた。 刑務所から出所したばかりの男、怪しいモノの運び屋をやっていた男、田舎で何かトラブルを起こして逃げてきた男、ギャンブル依存症で借金取りから逃げてきた男、多重債務から逃れ…

新聞奨学生時代の思い出(5)

新聞販売店はその名の通り、基本的には新聞販売による収入がメインとなっていたが、実際には新聞に挟む折込チラシの売り上げが、大きな収入源となっていたようだった。記憶は定かではないが、1枚あたり3円くらいだったと思う。 販売店での総配達部数は5000部…

新聞奨学生時代の思い出(4)

新聞屋にとって、1年で最も団結力が高まるのは、元旦までの1週間だった。元旦の新聞は1年の始まりということもあり、毎年、新聞社の威信をかけた豪華版となるのが通例だった。それゆえ、所長や店長からは、不吉であるから元旦だけは不着、誤配をしてくれる…

新聞奨学生時代の思い出(3)

不着、誤配をほとんどしない優秀な配達員は、しばらく経つと、どの区域にも属さない「代配者」として、配達を任されるようになる。つまり、ある区域の担当者が休んだり、欠員が出るたび、その区域の配達を代わりに請け負う、フリーランスのような配達員に昇…

新聞奨学生時代の思い出(2)

通常、朝刊の配達は深夜1時30分~朝6時まで、夕刊の配達は14~16時までだった。他には月に2回くらい、朝6~9時までの電話当番があった。 電話当番は、朝刊配達完了後から事務員が出勤してくる朝9時まで、新聞販売店内に設置された電話の前に、ボーっと座って…

新聞奨学生時代の思い出(1)

もう20年ほど前の話だ。 その頃は鍼灸学校の学費を稼ぐため、新聞奨学生をしていた。鍼灸学校は夜間部であったから、夕刊を配達したのち、休む間もなくバイクに乗り、日本一交通量が多いと言われていた某国道を、忙(せわ)しく往復する毎日だった。 当時、…

2016年、上海へ行った時の話(番外編)

2016年夏、中国へ出向している友人に招かれて、初めて上海へ行った。 tokyo-tsubame89.com ついでに、LCCに乗ってみようということで、春秋航空のチケットをゲットし、カラフルなゴミ箱が設置してある茨城空港から、片道8000円で上海へ飛ぶことにした。 上海…