東京つばめ鍼灸のブログ(表)( ´∀`)

完全無所属・無宗教な院長が不定期に更新中。

難病と常識と鍼灸

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210405191222p:plain

マニュアル通りに刺鍼していると、ある時期から「あまり効果が感じられなくなってきた」と訴える患者が、一定数現れることがある。

 

特に開業してから数年が経過し、ある程度の臨床経験を積み、技術が向上して評判が良くなってきた頃、どこへ行っても治らなかったような、難治な病態の患者が徐々に増えてくるようになる。

 

その鍼灸師の本質の如何は、この時点から大きく露呈するように思える。

 

 

ある鍼灸師は難治な患者に直面すると、露骨に拒絶反応を示し、施術者としての本分を放棄する。難局を乗り越えようと努力しなければ技術は向上せず、来院患者数が減少する。結果的に、鍼灸師向けの会員商法や講習会の開催、学術的な分野に特化した役職にシフトチェンジするなど、臨床現場から離れてしまうケースもある。

 

一方、ある鍼灸師は難治な患者に直面するや否や、これは何とかせにゃならんと、時には中国へ飛び、中医が記した文献や、中医に関する中国の動画などを漁りつつ、最新の刺鍼法を研究し、良い治療法、解決策が見つかるまで、ひたすら試行錯誤を繰り返す。

 

中国では古代から医師が鍼灸を業としてきた影響で、鍼灸の技術は日進月歩かつ世界最高レベルである。

 

 

したがって、鍼灸技術を向上させる近道は、中医から学ぶことである。中国語を理解できない鍼灸師は、この不可欠な過程を経ることが能わず、中々技術が向上しない。

 

基本的に日本の鍼灸師は、それぞれの流派で教わったマニュアルから逸脱することなく、ベーシックかつ限られた刺鍼法で難治な患者に向き合うようになることが多いようだ。

 

見立ての上手な鍼灸師は、3回ほど刺鍼して効果が見られなければ、オーソドックスな刺鍼法が適切でないと判断し、より効果的な刺鍼法を探ることになる。

 

しかしながら、無暗やたらに鍼の長さを長くしたり、鍼の太さを太くしたり、只々漠然と刺鍼本数を増やしたり、何となく留針時間を長くしてみたりするだけでは、中々改善せず、いつか壁にぶち当たるようになる。この壁の存在を無視するならば、そこで技術の進化はストップしてしまう。

 

向上心が欠如していたり、メンタル的に弱い鍼灸師は探求することを止め、鬱になったり、カルトに依存したり、会員商法の餌食になってしまうことがある。中には患者を治せないと絶望し、鍼灸の現場から完全離脱するケースもみられる。

  

 

そこまで行かずとも、割り切った考え方で、難治な患者の受け入れを完全に拒否して、慰安的な施術に特化した鍼灸師となってしまうこともある。

 

実際に、難治な患者に直面した時、自分の技術に問題があることを直視せず、患者に問題があるのだと決めつけ、難治な患者の治療を放棄する鍼灸師が少なからず存在する。

 

以前、松江にいた頃、単なる慢性頭痛や肩凝り、腰痛などで悩む患者が、市内で古くから営業している某鍼灸院で、数回施術を受けたことがあった。

 

しかし、症状は一向に改善せず、某院長に不満を述べたところ、「あんたはリウマチだろう。うちでは治せん」と突っぱねられ、施術を拒否されたと訴える患者が何人もいた。

 

実際には、リウマチだった患者は1人もおらず、当院で施術したところ、ほぼ全員が完治するか、明らかな改善をみせた。

 

 

確かに現代病には、鍼灸が対症療法としかなり得ないようなケースも多々ある。

 

例えば枠珍や農薬、薬物、薬品、食器、調理器具、食品などから間接的に摂取しているアルミニウムやホルムアルデヒドカドミウム、水銀、鉛などの重金属類などには、血液脳関門を突破し、長期間に渡って体内に残留し、多彩な炎症症状を引き起こすものがあることが知られている。 

tokyo-tsubame89.com

 

近代から現代にかけて、雨後の筍の如く出現している自己免疫疾患、各種アレルギー疾患、膠原病アトピー性皮膚炎、花粉症、慢性じんましん、潰瘍性大腸炎クローン病、SLE(全身性エリテマトーデス)、原因不明の頭痛、重度のPMS月経前症候群)、不定愁訴症候群、無汗症、川崎病、早発閉経、繊維筋痛症などいわゆる難治の病は、農薬や薬品、食品添加物などがほとんど使用されていなかった時代にはみられなかった病態ばかりだ。

 

つまり、人為的な関与によって生み出されたとしか考えられないような難治な病態が、日に日に増えている。

www.tokyo-np.co.jp

 

病院で原因不明であると診断されたり、難治だと言われた病態の多くは、化学的な毒物や異物が日々体内に侵入し、長期にわたって残留することによって発現しているのかもしれない。

 

しかし、半世紀以上もの間、医学的、栄養学的、科学的な「常識」を重度に刷り込まれてきた人々にとっては、「常識」から逸脱しようにも、いわばセンメルヴェイス反射の如き、無意識下の拒絶反応を呈してしまうことが多く、どんなに確信的な事実を目の前に提示されようとも、確証バイアスによって「常識」から逃れることを自ら放棄してしまう。 

 

「常識」のウソに気が付いた賢い鍼灸師が、「食品添加物や不要な薬はなるべく摂取しないようにして下さい」と言い聞かせてみても、患者は「そんなのは陰謀ですよ」とか、「先生は意識高い系ですか?」などと嘲笑し、全く聞く耳を持たないことが少なくない。 

 

 

市場に出回っている薬物は、全て臨床試験を経た安全なモノであると盲信している人々が少なからず存在するけれど、実際には、第Ⅰ相臨床試験すら実施しておらず、中毒域、血液ー脳関門通過性、血液ー胎盤関門通過性、乳汁への移行性、髄液への移行性などの薬物動態不明なモノが病院ではバンバン投与されている。

 

世の中は、大衆が過労死ギリギリで働き続け、生涯不当な納税を強制され、適度に病気になって大量の薬を消費せざるを得ないような、非常に巧妙な奴隷的システムが仕組まれている。

www.youtube.com

 

そのために、長い時間をかけて、現代医学の存在価値と医師の地位を高め、薬がバカ売れするような仕組みを作る必要があったのだろう。

vimeo.com

 

その仕組みを構築するための重要なツールとなったのが、メディアである。

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210425193252p:plain

 

メディアは大衆に幻想を見せるのが主な役割だ(tell a vision)。大衆は自らの意思でチャンネル(channel)を選び、魔術的に電波を受信し、テレビと言う名のデバイスを依り代として、天から届く、メディアの声を受信する(channeling)。そして、大衆はメディアによって仕組まれた番組(program)を通じて、見事なほどに洗脳されてしまう(programing)。

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210405181533p:plain

 

 

世界最大のプロパガンダ機関であるハリウッド(Hollywood)の語源は、ドルイド教(Druid)に不可欠であった「holly tree(神聖な木)」だと言われている。

www.youtube.com

 

ドルイド教では、儀式を行う際に使われた魔法の杖は、すべて「holly tree」である「oak(オーク)」から作られていたそうで、この杖で魔術を行い、大衆に幻想を見せ、大衆を完全にコントロールした、と言われている。

the-awoke.com

 

実際に、ハリウッドでは無数の暴力やセックス、ドラッグの映像を大衆に与え、大衆を狂気させ、マインドコントロールすることに成功している。

 

つまり、ハリウッドは、いわゆる3S(screen,sex,sports)の1つとしての、現代における魔法の杖としての、重要な役割を果たしてきたのである。ちなみに、entertainの語源は「to keep,hold,or maintain in the mind(心を掴んで離さない)」である。

www.collective-evolution.com

 

それゆえ、メディアによって重度に洗脳された人々が難病になった場合、「食品添加物や農薬が原因かもしれませんよ」とか、「枠チンに含まれるホルムアルデヒドや重金属類による副作用かもしれませんよ」などと、至ってマトモな意見を提示しようとも、無用となることが多い。

 

患者は「それは医学的な常識とは異なりますから」とか「それは陰謀ですよ」などと一蹴して受け入れず、どんなに効果的な刺鍼法を用いても、全く改善が見込めない場合がある。

 

それゆえ、「ウチの鍼灸なら何でも治せるんじゃ!」と嘯く鍼灸師は、ホラッちょである可能性が高いと思うわけだが、洗脳度250%以上の人々にとっては、ホラッちょであっても、救世主に見えてしまうことがあるのかもしれない。

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210405185742p:plain

 

日頃から自分で調べ、常に思考する癖がついていないと、年を経るごとに、真実を見極めることが困難になってくるだろう。

 

メディアやSNS上には、「8割の真実と2割の嘘」という名の魔法の杖を用いて、大衆を誤誘導するドルイド的な人々が多数存在する。医師や看護師など医療関係者を装い、新コロ難民をカルトな方向へ誘導している輩も少なくない。

 

しかし、重度に飼いならされた羊は真偽を見分けることができず、多くの病院や治療院を彷徨い、ひたすら搾取されるばかりで、一向に健康を手にすることはできない。

 

その病態を難治にしているのは現代社会の「常識」であって、真実に気が付き、ウソの「常識」から離れれることができれば、治せる病は沢山あるのではないかと思う。

 

 

tokyo-tsubame89.com

tokyo-tsubame89.com

tokyo-tsubame89.com

tokyo-tsubame89.com

tokyo-tsubame89.com

tokyo-tsubame89.com

tokyo-tsubame89.com

tokyo-tsubame89.com

 

「急性腰痛の鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/zl1/

「慢性腰痛の鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/zk1/

不眠症鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/humin-2/

「偏頭痛と顎関節症鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu1/

「偏頭痛の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu2/

「緊張型頭痛(筋緊張/収縮性/緊張性頭痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu3/

「群発性頭痛(群発頭痛/ヒスタミン頭痛/ホートン頭痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu4/

「眼精疲労(目の疲れ、眼の奥の痛み、閃輝暗点)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu5/

「ドライアイ(涙液分泌不全)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu6/

「アフタ性口内炎鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu7/

「めまい(眩暈)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z8/

「耳鳴りの鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z9/

「難聴の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z10/

メニエール病鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z11/

突発性難聴鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z12/

「鼻炎の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z13/

「三叉神経障害(三叉神経痛、顔の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z15/

「顔面神経麻痺(ベル麻痺、まぶたの痙攣)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z16/

頚肩腕症候群(変形性頚椎症)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z18/

「肩凝り(肩こり、肩コリ、肩甲骨間痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zz19/

「肩関節周囲炎(五十肩、インピジメント症候群、腋の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zz20/

「背中の痛み(脊椎痛、肩甲骨間痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zj21/

「肋間神経痛(帯状疱疹ヘルペス、胸の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zj22/

乳腺炎(胸の張り、胸の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zj23/

「手首痛(スマホ腱鞘炎、ドケルバン病、リウマチ性関節炎)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zj25/

「肘痛(野球肘、テニス肘、ゴルフ肘、上腕骨上顆炎)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zj25-2/

「突き指(指の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zj26/

「股関節痛の鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/zl2/

「第三腰椎横突起症候群の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zl3/

「腰痛(坐骨神経痛腸腰筋炎、股関節痛、恥骨結合炎)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/za2/

椎間板ヘルニア鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/xs1/

「脊椎すべり症(腰椎すべり症)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/xd1/

「脊椎分離症(腰椎分離症)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/xd2/

坐骨神経痛(梨状筋症候群、臀部の痛み、尻の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/vrf1/

「オスグッド・シュラッター病(成長痛、膝の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/nn1/

「下肢痛(脚の痛み、大腿しびれ、太ももの痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/mm1/

腓腹筋痙攣(こむら返り、脚のひきつり)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/bg1/

「脛骨過労性骨障害(シンスプリント、すねの痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/nh3/

「筋挫傷(肉離れ、筋膜リリース、こむら返り、腱の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/vf1/

ジャンパー膝(シンディング・ラーセン・ヨハンソン病)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/jj1/

「下肢痛の鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/mh1/

「アキレス腱痛(アキレス腱周囲炎、かかと痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/njf1/

「捻挫(内外踝痛、くるぶし付近の痛み、ねんざ、腓骨筋痛)の鍼灸治療」→

「足底腱膜炎(かかと痛、足底痛、足裏痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/frt1/

「月経困難症(月経痛、生理痛、下腹部痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/lfd2/

「月経不順(無月経、生理不順、不妊症、早発閉経)」→https://tokyo-tsubame89.com/wow1/

月経前症候群PMS)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/wo2/

更年期障害(更年期症候群、ホットフラッシュ)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/hge1/

子宮筋腫(下腹部痛、下腹部の冷え)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/hye1/

子宮内膜症(異所子宮内膜増殖症)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/tth2/

冷え性(脚の冷え、手足の冷え、基礎体温が低い)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/yyh1/

仙腸関節障害(恥骨結合炎、腰痛、鼠径部痛、仙骨痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/ugi1/

「しゃっくり(吃逆、横隔膜痙攣、のぼせ)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/kao1/

慢性胃炎(胃痛、萎縮性胃炎、胃酸過多、ストレス性胃炎)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/jj1-2/

過敏性腸症候群鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/lk2h/

クローン病鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/cr3/

潰瘍性大腸炎鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/674gh/

不定愁訴症候群(自律神経失調症、倦怠感)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/qi12/

不眠症睡眠障害入眠障害、イライラ)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/681yt/

「変形性関節症(変形性股関節症、変形性膝関節症、棚障害)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/lhk2/

「リウマチ性疾患(膠原病、全身性エリテマトーデス)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/yak1/

「無汗症(特発性後天性全身性無汗症、AIGA、無発汗症)」→https://tokyo-tsubame89.com/aiga/

顎関節症(顎のクリック音、歯ぎしり、顎の歪み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z14/

「頚椎症(ストレートネック、鞭打ち、寝違え、首痛、首コリ)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z17/

「腱鞘炎(手首痛)の鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/zj24/

「ギックリ痛の鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/za1/

線維筋痛症/筋筋膜性疼痛症候群の鍼灸治療」→

https://tokyo-tsubame89.com/fms/