東京つばめ鍼灸のブログ(表)( ´∀`)

完全無所属・無宗教な院長が不定期に更新中。

最新の刺鍼法

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210504165943p:plain

中医経典の1つである『针灸大成(針灸大成)』には、“病滞则久留针(病が長引くのであれば、針を長時間留める)”、と記されている。

http://zhongyibaodian.com/zhenjiudacheng/

www.fane8.com

 

つまり、すでに古代中国では、一定時間の留針(置鍼)によって、より良い効果を得られることが知られていた。

wenku.baidu.com

 

それゆえ、中国では、刺鍼の刺激量に関する科学的な研究が古くから行われ、太い針を用いた方が明確な効果が出やすいことが常識となり、中医は好んで太い針を用いるようになったようだ。

 

1960年代には、ツボ(穴位)刺激をより長く持続させる新たな方法が模索され、注射器を改良した特殊な針を用いて、羊肠线(羊の腸から取り出した線状組織)をツボへ埋め込む刺鍼法が考案された。

baike.baidu.com

 

この治療法は中医埋线疗法中医埋線療法)と呼ばれ、1990年代にはほぼ成熟した治療法として認知され、現在でも様々な疾患の治療に利用されている。ただし、中医埋线疗法は、患者によってはアレルギー症状を起こすことがあるため、万人に適した治療法ではない。

www.youtube.com

 

中医埋线疗法の主な効果は、長さ1cmに加工した羊肠线を特殊な筒型の針でツボに挿入することによる、局所的な無菌性炎症によって得られる。つまり、羊肠线が体内に吸収される2週間ほどの間、狙ったツボに局所的な炎症を起こし、その経絡が関係する部位に刺激を与え続けるため、症状の好転を促すことが可能になる。

 

このような作用は、古くから行われている灸療法や、現代的な灸療法であり、膏药の1種である艾草三伏によって誘発される、蛋白変性作用や炎症作用と同類と言える。

 

しかしながら、刺鍼時に得気のある部位で羊肠线を留めることを鑑みれば、針灸双方の作用を融合させた、中医独自の治療法であるとも言える。

www.dragontracers.com 

 

ちなみに日本では、中医埋线疗法は医師法に抵触する可能性が高いため、鍼灸師は施術できない。もちろん、医師免許があれば施術は可能かもしれないが、医療産業の闇が多分に濃厚な日本においては、鍼灸治療は無意味であると根拠なく洗脳されている人々が大半を占めているようだから、中医埋线疗法自体に興味を示す医師も患者も、もはや存在すらしないかもしれない。

 

中国では2015年頃まで、太い針を一定時間(20~30分間)留針しておく施術が一般的であった。確かに、筋结(“肝”の異常によって起こる局所的な炎症・浮腫・硬結)に対する施術としては、『黄帝内経』に記されている、古九针(古代九鍼)の1種である“员利针”や “锋针(三棱针)”を用いて速抜する方法もあるが、一般的には太めの毫針を用いる中医が多いようだ。

 

ちなみに、日本鍼灸では通常、炎症を起こした部位への刺鍼は禁忌とされているが、中医は医学的なエビデンスに基づき、筋结による炎症であれば、むしろ刺鍼した方が良い結果が得られることを知っている。

 

実際に当院でも、局所的な炎症に起因する疼痛であれば、適切な種類の針と刺鍼法を用いることによって、炎症物質を即座に拡散させ、瞬時に痛みを取り除くことができる。

 

近年、中国では針の加工技術が飛躍的に進化し、様々な針が開発されている。そのため、現在の中医業界では、最新の針を用いれば、留針せずとも、瞬時にコリや痛みを除くことができるのは常識である。

 

これまで、留針によって起こる、独特の波打つような強い響きや、低血糖や迷走神経反射に伴う脳貧血やめまい、頭痛、吐き気、施術後しばらく続く重だるさなどが、鍼灸治療における最大のデメリットであった。

 

しかしながら、最新の針を用いることによって、現在ではこれらのデメリットを最小限に抑え、最大限の効果を引き出すことが可能になった。

 

また、施術時間の大幅な短縮によって、患者の針治療に対する精神的苦痛や、施術時に起こるやもしれぬ地震への恐怖感を減少させることも可能となった。

www.kantei.go.jp 

 

もちろん、効果的に刺鍼する場合は得気(“酸、麻、重、胀”)を起こすことが不可欠であるから、100%無痛で刺鍼する、というのは土台無理な話である。

 

そうは言っても、多少の痛みは伴うけれども、どこへ行っても難治だと言われたコリや痛みが、数分の刺鍼で劇的に改善するのであれば、今後多くの患者が施術を希望するようになるだろうと思う。

 

 

「急性腰痛の鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/zl1/

「慢性腰痛の鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/zk1/

不眠症鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/humin-2/

「偏頭痛と顎関節症鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu1/

「偏頭痛の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu2/

「緊張型頭痛(筋緊張/収縮性/緊張性頭痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu3/

「群発性頭痛(群発頭痛/ヒスタミン頭痛/ホートン頭痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu4/

「眼精疲労(目の疲れ、眼の奥の痛み、閃輝暗点)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu5/

「ドライアイ(涙液分泌不全)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu6/

「アフタ性口内炎鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu7/

「めまい(眩暈)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z8/

「耳鳴りの鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z9/

「難聴の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z10/

メニエール病鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z11/

突発性難聴鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z12/

「鼻炎の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z13/

「三叉神経障害(三叉神経痛、顔の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z15/

「顔面神経麻痺(ベル麻痺、まぶたの痙攣)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z16/

頚肩腕症候群(変形性頚椎症)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z18/

「肩凝り(肩こり、肩コリ、肩甲骨間痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zz19/

「肩関節周囲炎(五十肩、インピジメント症候群、腋の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zz20/

「背中の痛み(脊椎痛、肩甲骨間痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zj21/

「肋間神経痛(帯状疱疹ヘルペス、胸の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zj22/

乳腺炎(胸の張り、胸の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zj23/

「手首痛(スマホ腱鞘炎、ドケルバン病、リウマチ性関節炎)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zj25/

「肘痛(野球肘、テニス肘、ゴルフ肘、上腕骨上顆炎)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zj25-2/

「突き指(指の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zj26/

「股関節痛の鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/zl2/

「第三腰椎横突起症候群の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zl3/

「腰痛(坐骨神経痛腸腰筋炎、股関節痛、恥骨結合炎)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/za2/

椎間板ヘルニア鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/xs1/

「脊椎すべり症(腰椎すべり症)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/xd1/

「脊椎分離症(腰椎分離症)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/xd2/

坐骨神経痛(梨状筋症候群、臀部の痛み、尻の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/vrf1/

「オスグッド・シュラッター病(成長痛、膝の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/nn1/

「下肢痛(脚の痛み、大腿しびれ、太ももの痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/mm1/

腓腹筋痙攣(こむら返り、脚のひきつり)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/bg1/

「脛骨過労性骨障害(シンスプリント、すねの痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/nh3/

「筋挫傷(肉離れ、筋膜リリース、こむら返り、腱の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/vf1/

ジャンパー膝(シンディング・ラーセン・ヨハンソン病)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/jj1/

「下肢痛の鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/mh1/

「アキレス腱痛(アキレス腱周囲炎、かかと痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/njf1/

「捻挫(内外踝痛、くるぶし付近の痛み、ねんざ、腓骨筋痛)の鍼灸治療」→

「足底腱膜炎(かかと痛、足底痛、足裏痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/frt1/

「月経困難症(月経痛、生理痛、下腹部痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/lfd2/

「月経不順(無月経、生理不順、不妊症、早発閉経)」→https://tokyo-tsubame89.com/wow1/

月経前症候群PMS)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/wo2/

更年期障害(更年期症候群、ホットフラッシュ)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/hge1/

子宮筋腫(下腹部痛、下腹部の冷え)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/hye1/

子宮内膜症(異所子宮内膜増殖症)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/tth2/

冷え性(脚の冷え、手足の冷え、基礎体温が低い)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/yyh1/

仙腸関節障害(恥骨結合炎、腰痛、鼠径部痛、仙骨痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/ugi1/

「しゃっくり(吃逆、横隔膜痙攣、のぼせ)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/kao1/

慢性胃炎(胃痛、萎縮性胃炎、胃酸過多、ストレス性胃炎)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/jj1-2/

過敏性腸症候群鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/lk2h/

クローン病鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/cr3/

潰瘍性大腸炎鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/674gh/

不定愁訴症候群(自律神経失調症、倦怠感)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/qi12/

不眠症睡眠障害入眠障害、イライラ)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/681yt/

「変形性関節症(変形性股関節症、変形性膝関節症、棚障害)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/lhk2/

「リウマチ性疾患(膠原病、全身性エリテマトーデス)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/yak1/

「無汗症(特発性後天性全身性無汗症、AIGA、無発汗症)」→https://tokyo-tsubame89.com/aiga/
顎関節症(顎のクリック音、歯ぎしり、顎の歪み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z14/

「頚椎症(ストレートネック、鞭打ち、寝違え、首痛、首コリ)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z17/

「腱鞘炎(手首痛)の鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/zj24/

「ギックリ痛の鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/za1/

線維筋痛症/筋筋膜性疼痛症候群の鍼灸治療」→

https://tokyo-tsubame89.com/fms/ 

文字と数字と医学の本質

    f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210408162540j:plain

巷(ちまた)にあふれている文字や数字には、往々にして、呪術的な意味が隠されていることがある。その類に関する知識や教養があればすぐに見抜けるが、無知であると、脳はそれらを単なる文字と数字の羅列としてしか認識できない。

www.youtube.com

 

例えば、数字の8は、ギリシャ語のウロボロス(ouroboros)の象徴であり、蛇が自らの尻尾を咥えている姿を暗示していることがある。 

www.youtube.com

ja.wikipedia.org

ja.wikipedia.org

 

そのため、特にミトラ教などの系譜に連なる悪魔崇拝では、「8、蛇、龍」を悟り再生、永遠の象徴であるとして、尊ぶことがある。このような思想は、甦り(蘇り、黄泉帰り)の象徴である、フェニックス(鳳凰火の鳥、不死鳥)にも見られる。

www.freepressjournal.in

 

 

蛇に関連した数字として、「reborn」「rebirth」「RE」「infinity」「eternity」「Continuous Cycles(CC)」「All is one」などの英字や、「輪廻」「転生」などの宗教用語、無限大の意味である「∞(インフィニティ、メビウスの輪」などの記号が意図的に使用されることがある。これらの文字や数字に五行思想(five elements、Classical elements)の五色や、蛇の象徴である虹色の七色を組み合わせて使用されることも多いが、この場合は悪魔崇拝を意図していることがある。

 

最近、メディアがSDGsなどを通じて頻繁に使用している「sustainable(持続可能な)」という用語も、ヨハネの黙示録が改竄されていないという前提で考察するならば、「千年王国」を阻止して悪魔崇拝的な世界が永遠に続くことを念じた、呪術的なキーワードであると考えることもできる。

www.gaia.com

 

ちなみに、アルファベットの「N」は、ヒエログリフ古代エジプト文字)にある蛇の象形(表意)に基づいていると言われていることや、ヘブライ語のnahash(蛇)の頭文字にあたることから、蛇の象徴として暗喩的に使用されることがある。

 

また、Nを反転させた「Z」をNの意味として用いることもある。バベルの塔を建設し、最初に神に反逆した人間であるとされる、ニムロッド(Nimrod)の頭文字もNである。つまり、「N」も「Z」も、蛇またはニムロッドの象徴として、意図的に使用されることがある。 

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210314114532p:plain

https://www.torahinmyheart.com/v/vspfiles/downloadables/00_Origins_of_the_Aleph-Bet.pdf

https://museum.imj.org.il/en/exhibitions/2016/pharaoh-in-canaan/pdf/alphabet-en.pdf

 

同様に、「A」は雄牛(ox,bull)の頭部の象形であり、ヘブライ語のaleph(ヘブライ語の第1文字)頭文字にあたることや、形状が「△(三角、ピラミッド)」を彷彿とさせることなどから、雄牛(Baal,Satan)の象徴として、暗喩的に使用されることがある。また、Aをギリシャ文字のAlpha (Α or α) の頭文字として、 Omega (Ω or ω)と組み合わせて使用し、「永遠」「復活」「再生」「すべて」の意味として用いられることがある。この場合、「AZ」「AN」「A to Z」は同様の意味となる。例えば、am〇zonのロゴに「a→z(a to z)」のサインが隠されているのは、偶然ではないだろう。


 

さらに、「A」を2つ並べて「M」を表現したり、「A」を反転させて「V」としたり、反転させた「A」を2つ並べて「W」とすることもある。メディアや街中にあふれる看板のロゴや社名をよく観察すればすぐにわかるが、AはMと同様、特に企業の名称などで不自然に強調して使用されることがある。 

 

以前、某お笑い芸人が使用していた「あいーん」はヘブライ語の「Ayin(eye)」、「ぺ」は「Peh(mouth)=P=6」、某昼番組で観客を巻き込んで行われていた「○○の輪!」は、ハンドサインが「O」の形をしていたことから、ヘブライ語の「O=Ayin(eye)」を暗示していたと推察される。 

 

「O」はまた形状が「ring」であるから、ウロボロス(serpent、蛇)や永遠、再生の象徴であると考えることもできる。「V」「OK」「I love you.」のハンドサインなども、そもそもは大昔に考案された、いわゆるコルナサインである。

en.wikipedia.org

 

また、「C」はゲマトリアで3であるため、Cを2つ並べて「CC」として用いたり、「U」をCの代わりとして用いることがある。同様に「F」は6であり、「FFF」と表記すれば、666の意味になる。6や6を反転させた9は、悪魔崇拝の象徴とされることがある。 

hypebeast.com

www.cnn.co.jp

 

さらに、「E」「W」「M」は「3」を回転または反転させた形状であるため、3の代わりとして、「E」「W」「M」を用いることがある。「33(CC,EE,WW,MM)」は言わずもがな、アレの象徴である。

 

同様に英大文字の「P」、英小文字の「a」「e」「p」「q」や数字の「9」、平仮名の「の」などを用いて、「PPP」「pep」「bpb」「eee」「apple」「ののの」「999」「969」のように「6」を連想させる数字や文字を組み合わせ、「666」を暗に示すケースも多々ある。また英大文字の「Q」は、「6」の意味として使われることもある。

www.youtube.com

 

「I」はその形状から、オベリスクobelisk)と同義に使用されることがあるようだ。また、その発音から、「eye(ホルスの目)」の象徴として使用することがある。

ja.wikipedia.org

ja.wikipedia.org

www.youtube.com

 

例えば、超監視社会に不可欠なインフラとなっているinternetを略して「i」と記すことがあるが、実際には「目=監視する者=監視ツール」などの暗喩として使用されていることがある。「A」と同様、「I」の文字のみを不自然に強調した企業名やロゴも非常に多い。

www.youtube.com

 

そもそも、オベリスクの起源は旧約聖書の時代、古代バビロンまでさかのぼる。バベルの塔を建設して神に反逆しようとしたニムロッド(Nimrod)は、神の裁きによって体をバラバラにされたが、男根だけは見つからなかった。

en.wikipedia.org

 

しかし、ニムロッドのmother-wife(母親かつ妻)であったセミラミス(Semiramis) が、ニムロッドの遺体を集めて墓地に埋葬したところ、隣に生えていた樫(かし)の切り株が突如として青々とした大木に成長した。 

en.wikipedia.org

 

この奇跡を目の当たりにしたセミラミスは、「樫の木=ニムロッドの復活」である、と考えた。そこでセミラミスは、毎年ニムロッドの誕生日である12月25日になると、「ニムロッドが現れて、樫の木にプレゼントを掛けてくれる」と大衆に訴えた。 

 

このセミラミスの一件が、樹木信仰(男根信仰、オベリスク信仰)の起源となり、多神教の起源となり、クリスマスの起源となった、と言われている。

www.annomundi.com

 

最近話題のblue originが露骨かつ不快なほどに下品な形であるのも、Nimrod(男根)を熱心に信仰している証拠だろう。ちなみに、blueはbullと発音が似ているため、悪魔崇拝主義者に好んで用いられる単語であるが、bullはバフォメット、Baal、Nimrodと同義であると言われている。それゆえに、赤色でも黄色でもなく、不自然にblueを使用するのだろう。
 
 
日本の神道密教にも樹木信仰の影響が露骨にみられるが、式年遷宮(式年造営)や御柱大祭などでモミの木が使用されているのは偶然ではないだろう。ちなみに、伊勢神宮の外宮で第一回の式年遷宮が行われたのは、持統天皇4年(690年)だと言われている。悪魔崇拝主義者が、「6」という数字に異常なほどの執着をみせるのは、今に始まったことではない。

www.youtube.com

 

実際に、クリスマスではニムロッドの復活と永遠を願った、evergreenな(青々とした)モミの木を使用し、オーナメントにはモミの木の頂点に五芒星(ペンタグラム、pentagram、five elements、Classical elements)、リンゴ(蛇が与えた知恵の実の象徴)、ひも状のイルミネーション(蛇の象徴)を用いている。おそらく、緑色が呪術的に使用されることがあるのは、ニムロッドの木がevergreenであることを願ったことに起源があるのかもしれない。

                         Pin by Pierce Henry on The Middle East, Scripture and Symbology | True  christianity, Satan, Pagan

 *ニムロッド信仰を隠蔽するため、のちに樫は樅(もみ)に変更されたと言われている。

 

ちなみに、悪魔崇拝で度々重要な象徴となる五芒星(ペンタグラム、スター)は、少なくとも4000~5000年前には使用されていたようだ。古代ギリシャでは、拝火信仰に傾倒していたピタゴラスが、五芒星の形状には幾何学的に完全な「A(Nimrod、Baalの象徴)」が5つ含まれるため、完全無欠の象徴として尊んだらしい。のちにピタゴラスの思想はタントラアート(密教芸術)や、初期のヒンドゥー教や仏教に影響を与えたと言われ、実際に密教陰陽道などには、随所に拝火信仰や五芒星の痕跡がみられる。現在では、「火」や五芒星は悪魔崇拝の象徴とされることがある。

ja.wikipedia.org 

  

中国の五行思想(five elements、Classical elements)は、そもそもは古代バビロンの樹木信仰に起源があると推察される。実際に「木」、「火」、「土」、「金」、「水」の根幹となるものは「木(tree)」であり、「木(tree)」が五行循環の始まりとなり、欧米でfive elementsの「木」を「spirit」と称してるのは、ニムロッドの魂が木に宿っているとする樹木信仰によるものだろう。

The Pentagram and the Magic of Light

pentagramyoga.com

 

つまり、クリスマスはキリストの生誕を祝っているかのように装ったpagan holiday(アンチキリストの祝日)であり、ニムロッドの復活を願った生誕祭である可能性が高い。

The “Nimrod” Tree – “NIMROD” – The LORD of Christmas | Christmas – the Pagan Deception

www.rawgist.com

 

キリストが生まれたのは、羊飼いが外で寝れるほど温かい季節だった、と言われている。また、聖書にはキリストが12月25日に生まれたとする記述は一切記されていない。もし、クリスマスが本当にキリストの誕生日だったとしても、キリスト教徒にとって最も重要なはずの復活祭(イースター)よりも、クリスマスばかりを大々的に祝うのは不自然である。そもそも、復活祭も、ニューイヤーも、感謝祭も、バレンタインも、ハロウィンも、すべてはバビロンに起源がある主張する人もいる。要するに、これらのイベントは、単なる商業目的だけで始まったわけではない可能性が高い。

Nimrod Biyahu It All Began in Babylon Lent Religions Doctrines of Men  Trinity Thanksgiving Halloween New Years Valentine's Day Christmas Title  Lord Baal Christmas Tree Evergreen the Cross Easter Sunday Worship Communion

www.youtube.com

www.youtube.com

 

また、プレゼントを子供たちに無償で与える怪しげかつ謎の老人サンタ・クロースSanta Claus)自体が、ニムロッドの化身ではないのかと言われている。

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210407173923j:plain

 

Santa(サンタ)はSatan(サタン)の文字を入れ替えたアナグラムであり、Claus(クロース)はChronus(クロノス)、つまりはSāturnus(サートゥルヌス=Saturn=Satan)と同義であると言われている。

ja.wikipedia.org

 

  

さらに、Merry ChristmasのChristmas(キリストの典礼)という文字を、無知な大衆を嘲笑うかのように、Xmasと表記させているのは、『X』が二ムロッドの象徴であるからかもしれない。

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210409192219j:plainf:id:tokyotsubamezhenjiu:20210409192533j:plain

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210409192231p:plain

kaleido11.blog.fc2.com

www.itmedia.co.jp

 

 

サートゥルヌスと言えば、ゴヤの『Saturno devorando a su hijo(我が子を食らうサトゥルヌス)』を真っ先に想起する人も多いだろう。

ja.wikipedia.org

 

クリスマスの日に暖炉にくべられる薪も、サンタの侵入経路である煙突も、ビュッシュ・ド・ノエル (Bûche de Noël)も、ケーキに灯される蝋燭も、すべてニムロッド信仰(樹木・拝火信仰)の象徴なのかもしれない。日本の各地でみられる、御神木や大黒柱、生殖器崇拝なども、古代バビロンを起源とした樹木信仰の一種ではないかと考えられる。

www.youtube.com

 

ちなみに、ニムロッドは太陽神としても崇拝された最初の人間であり、その後、世界各地に現れた太陽神の原型となったのではないか、と言われている。それゆえ、多くの太陽神はニムロッドと同一視すべきである、と主張する人もいる。

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210407173851j:plain

 

「G」や「M」は言わずもがなアレの象徴である。「R」はゲマトリアで18であるから、Rを単独かつ強調した用いた場合、「18=666」を暗喩していることがある。

mainichino-kurashi.com

www.youtube.com

 

前述したとおり、「X」や、縦線横線の長さが等しい「十字」は、バベルの塔を建設して神への反逆を企んだ最初の人間である「ニムロッド(Nimrod)」や、「サタン(Satan,baal)」の象徴とされることがある。 10の意味があるギリシャ数字のⅩも同様の意味があるため、「1,2,3,…9,」などのように、わざと10のみをⅩと記す場合は、「X」を呪術的な意味で使用している可能性がある。

www.goodspress.jp

autoc-one.jp

 

同様にVenus(ウェヌス、ヴィーナス)の頭文字である「V」やギリシャ数字の「V」、ハンドサインの「V」も悪魔崇拝のサインとして使用されることがある。またギリシャ数字の「Ⅳ」は「6(Ⅵ)」の意味として使用されることがある。

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210427173145p:plain

jp.techcrunch.com

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210417162009p:plain

www.youtube.com

www.youtube.com

 

ちなみに、ブルースマンで名を馳せたTommy Johnson(トミージョンソン)やRobert Johnson(ロバートジョンソン)が、自分の命と引き換えに悪魔と契約した場所は十字路(“The Deal at the Crossroads”)である。 

mississippiencyclopedia.org

 

「S」は雷(雷光、稲妻)、つまりはBaalやNimrodなど悪魔崇拝の象徴として使用されることがある。雷はゼウスの象徴であるが、ゼウスはBaal(nimrod,Baphomet)と同一視されており、実際にゼウスと同義であるJupiterはサトゥルーヌス(satan)の子であり、アメン(Amen)は古代エジプトの太陽神(Baal,Nimrod)である。アメン(Amen)と同義である古代ギリシャの羊角神アンモーン(Ammon)は、一見してBaal(Baphomet)の化身であることがわかる。

commons.wikimedia.org

ja.wikipedia.org

 

神社で使用されている紙垂も雷の象徴である。

ja.wikipedia.org

 

かつて、アドルフ・ヒトラーを護衛していた親衛隊であるシュッツシュタッフェル(Schutzstaffel)のロゴもSSをデフォルメした、雷のメタファーを象徴としていた。ちなみに、ゼウスを祀り、露骨な拝火信仰の儀式の1つである、オリンピックの聖火リレーを考案したのはヒトラーだと言われている。

ja.m.wikipedia.org


要するに、「A」「C」「E」「F」「G」「I」「M」「N」「O」「P」「Q」「R」「S」「U」「V」「W」「X」「Z」などの英字や、3,6,8,9などの数字は、ゲマトリア的かつ意図的に結合され、悪魔崇拝的なメタファーとして、サブリミナル的に使用されることがある。

www.lorendavis.com

 

例えば、企業の名称に使われている「A」だけの文字の色や大きさ、字体を変えて強調させたり、新コロのアプリの名称に新コロとは全く無関係な植物の実の名前をつけてみたり、新コロ関係のコールセンターの名称に666を使ったり、とにかく文字や数字が不自然に使用されている場合は、ゲマトリアが隠されていることが多い。

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210405100314p:plain

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210405100849p:plain

 

日本にも「言霊」という言葉があるが、おそらく本質的にはゲマトリアと同類のものであろうと推察される。それゆえ、呪術的な儀式を重視する人々にとっては、ゲマトリアも「言霊」も、非常に重要な要素となることがある。

 

例えば、毎日発表される新コロの感染者数も、よくよく観察してみれば、ゲマトリア的かつ露骨な、一定の傾向があることがわかる。そもそも、毎日発表されている感染者数がすべて真実であると盲信し、メディアの報道に疑問を抱かないのであれば、洗脳度はMAXであり、もはや洗脳から抜け出すことは不可能かもしれない。 

 

特にニュースでは、頻繁にゲマトリア的な数字が出現する。特に重要だとされる、3,6,9,11,13,18,46などの数字をパズルのように、画面上または文中に散りばめて使用することが多い。

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210407185111p:plain
news.yahoo.co.jp

 

道教が変化したと言われる神道では、龍神を祀る神社で茅輪神事(茅の輪くぐり)を行うことがある。茅輪はウロボロス(龍)の象徴だろう。 f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210219121217p:plain

 

龍神を表立って奉祀していなくても、社寺に関連する建造物や神輿、山車には、なぜか龍(蛇)が装飾されていることが多い。

 

例えば、結界のために掲げられる注連縄は蛇が絡み合い、交尾している姿の象徴であると言われているし、

rokujigen.blogspot.com

 

社寺建築に欠かせない虹梁(こうりょう)も、表面上は虹をモチーフにしていると言われているが、虹は老いた蛇が変化して天に昇る姿の象徴であると考えると、注連縄同様、蛇を表したものであると考えることができる。実際、直截簡明に龍を彫り込んだ虹梁も多い。

www.ryuss2.pvsa.mmrs.jp

 

ちなみに、鏡餅も蛇がトグロを巻いた姿の象徴であるし、穢れの依代となる人形(ひとがた)を川へ流す雛祭りも、元々は上節句と呼ばれたように、蛇と関連している。

 

蛇はその姿形からか、川や湖とも関連しており、蛇と水神の関係も、井戸に馴染みのあった昭和初期まではよく知られていた。

 

また、蛇は水龍信仰だけでなく、中国発祥の風水とも関係が深い。風水では山脈や道路、水路などを、その形状から龍脈と捉え、特に龍がウロボロス的に体を丸め、珠を抱いているような場所、いわゆる「龍穴」が最上であるとしている。

 

東京でいえば、旧江戸城付近(皇居)が最も「気」が良い場所であると言われている。しかし、そもそも江戸は南光坊天海という謎多き坊主によって作られた風水都市であるから、龍信仰かつ呪術的な要素において「良い」と考えるのが自然である。ちなみに、天海が江戸に結界を張って江戸城を守るという口実で、5つの要素(five elements、五行思想)に基づき、「目(eye)」という名のつく不動尊(拝火信仰の象徴)を各所に配置したのも、本質的にはニムロッドの系譜による所以だろう。 

www.tokyo-kurenaidan.com


 

このように考えてみると、日本の宗教、文化においても、アンチキリストから派生し、多種多様な形態に変化してきたペイガニズム(paganism)的な蛇(龍)信仰が隠されているのは明らかだ。

jp.techcrunch.com

 

その証拠に、かつてキリスト教では邪悪な存在とされてきたserpent(大蛇)は、東アジアでは、豊穣や不老不死、富、知恵などの良いイメージにすり替えられている。例えば、夢に蛇が現れると金運が上がっているとか、蛇の抜け殻を財布に入れておくと金運がアップするなどの迷信が有名だ。いや、むしろ迷信と一蹴するよりも、呪術的な儀式の一端を知らず知らずのうちに刷り込まれている、と言った方が正確かもしれない。

 

蛇と同義の龍に至っては、邪悪なイメージは皆無で、むしろ崇高な龍神としてのイメージが強く刷り込まれており、みな本能的には忌み嫌っているはずの蛇や龍を、疑いもなく拝んでしまうような状況が形成されている。

almostheretical.com

blogs.timesofisrael.com

  

基本的に、世の中の「流行」や「ブーム」は意図的に作られるものであるが、巷(ちまた)で大ヒットする漫画やアニメ、映画、ゲームソフト、各種イベントなどに、龍や魔女、モンスター、妖怪、鬼、火などがモチーフとして用いられることが多いのも、「A層(支配者層)」の根底に邪悪なものに対する根強い信仰があるからだろう。重度に洗脳されたB層は、そんなことを知る由もない。

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210307192120p:plain

 

 
ちなみに、大衆を誘導するために用いられるモノには、「龍」または「竜」の単語が意図的に組み合わされることがある。例えば、「恐竜」や「竜巻」、「龍脈」などだ。猿が全く進化しない矛盾だらけの進化論を盲信している人々には信じ難い話だろうが、「恐竜」が龍つまりは蛇のキメラであることに気が付けば、「恐竜」という存在自体が蛇信仰(悪魔崇拝)を内包した想像上のフェイクであることは簡単に見抜くことができる。

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210728224846j:plain

 

また、「竜巻(ハリケーン)」はすでに気象兵器や人工降雨技術として実用化されているCloud SeedingやHAARPなどによって意図的に発生させることができるし、意図的な大災害による犠牲者は蛇信仰(悪魔崇拝)の生贄(人柱)となる。
 
さらに、風水の「龍脈」は蛇信仰(悪魔崇拝)を隠すため、負のエネルギーの通り道を正のエネルギーの道筋であるとすり替え、信仰させている可能性がある。実際に、本場中国の風水では何よりも墓相(陰相)を最重要視しているわけだが、それはつまり、風水自体が悪魔崇拝に欠かせない陰のエネルギー、再生、復活、永遠(ouroboros,reborn,sustainable,eternity)を内包している証拠だろう。

www.youtube.com 

www.youtube.com

www.youtube.

神社は本来、神聖な場所であると信じられているが、一部の神社では未だに境内で藁人形を使った儀式が行われているし、時には宮司が凄惨な事件を起こしたり、古くからは闇社会の人々が神社に出入りし、祭事に積極的に参加している。 

www.sankei.com

 

また神社によっては、非業の死を遂げた者や、強い怨念を抱いて亡くなった者らを祀り上げて神とし、その負のエネルギーを利用するかの如く大衆を集めて、拝ませることがある。いわゆる御霊信仰だ。

ja.wikipedia.org

 

日本で最も有名な御霊信仰の1つとされる祇園祭は、貞観5~11年(863~869年)頃にかけて、疫病が大流行したことがルーツになっていると言われている。その疫病の原因は牛頭天王(Baal,Nimrod,Satan→日本では神仏習合により須佐之男命や帝釈天と同義)の祟りによるものだとされ、神祇官66本の矛(鉾)を立てる祇園御霊会を行うようになったそうだ。ちなみに、ユダヤ民族主義者のことをシオニスト(Zionist)と呼ぶが、祇園(ぎおん)はシオン(Zion)が語源だとされる。

www.gintanfuuran.com

 

当時の祇園祭では稚児を生贄としてささげていたとされるが、その名残なのか、現在でも長刀鉾に稚児を乗せている。いわゆる人身御供や人柱の類の儀式と同様であると推察される。

Thoughts on Solomon | A Christian Worldview of Fiction

Thoughts on Solomonrebeccaluellamiller.wordpress.com

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210502113234p:plain

www.globalawareness101.org

 

そもそも、世界各地の神話に度々登場する剣や矛(鉾)、刀の類は、ペイガニズム(anti-Christ、多神教)の祖であるとされる、古代バビロンのニムロッド(Nimrod)のmother-wifeであったセミラミス(Semiramis)に起源があると推察される。

en.wikipedia.org

www.epicofahiram.com

en.wikipedia.org

 

実際に、彼らの象徴として描かれる a lighting bolt(稲妻)神道紙垂(しで)の起源であり、a raised protective sword(右手に掲げられた護身用の剣)は三種の神器の剣の起源であるのかもしれない。

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210502113132p:plain

ja.wikipedia.org

 

ちなみに、拝火信仰が露骨な古代オリンピックで信仰されていたゼウスは、Baal(Nimrod)の化身であると言われているが、稲妻はゼウスの象徴でもある。現代オリンピックに聖火リレーを取り入れたのはヒトラーだと言われているが、ナチ党(ナチス)の親衛隊(Schutzstaffel、SS)のロゴは稲妻である。つまり、「S」は稲妻の象徴として暗喩的に用いられることがある。

 

また、八咫鏡は最初の太陽神であるとされたニムロッドの象徴であり、緑の勾玉セミラミスがever-greenを祈ったニムロッドの化身とされる樫の木に起源があるのではないかと推察される。さらに、神道で神木が重視され、神木を拝んだり、定期的な遷宮によって神木の永遠を祈願したり、祈祷にを用いたりするのは、古代バビロンの樹木信仰に起源があるのかもしれない。

Arameans of Iraq and Syria: when the blind is leading the blind and is  serving as extermination tool in the hands of illuminati.

https://www.aramnahrin.org/English/Arameans_Syria_Iraq_Blind_Leading_Blind_21_2_2014.htm

 

 

中国では広東語の「八」と发财の「发」の発音が似ているため(谐音)、8を吉数としているが、元々は古代中国からの龍信仰(龙祭祀、赛龙舟、舞龙灯、龙袍など)の一種として、8が尊ばれるようになったのであろう。ちなみに古代中国では、老いた蛇は龍になり、その龍が天に昇ると虹になる、と信じていた。それゆえに、「虹」という文字には虫偏がついているのだろう。


「感染 虹」の画像検索結果

現在では、表向きは、蛇は医学の象徴であるとしてロゴに使用されることが多い。

 

例えばWHOや各地の医師会が「アスクレピオスの杖」だと主張して、蛇をロゴに用いている。しかしながら、多くの人が本能的に蛇を恐れるように、本質的に蛇は邪悪で忌み嫌われる存在であって、その本質を隠すために龍として崇めさせたり、美しい虹などとすり換えて拝ませてきた、と考えた方が自然である。 

ja.wikipedia.org

 

そう考えれば、現代医学の本質も悪である可能性があり、なぜにWHOや一部の医師会が、メディアとグルになって新コロの恐怖を煽るのかが理解できる。 

*当院院長は完全無所属無宗教です。

 

www.youtube.com

www.youtube.com

  

 

tokyo-tsubame89.com

tokyo-tsubame89.com

tokyo-tsubame89.com

tokyo-tsubame89.com

tokyo-tsubame89.com

tokyo-tsubame89.com

tokyo-tsubame89.com

tokyo-tsubame89.com

 

「急性腰痛の鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/zl1/

「慢性腰痛の鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/zk1/

不眠症鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/humin-2/

「偏頭痛と顎関節症鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu1/

「偏頭痛の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu2/

「緊張型頭痛(筋緊張/収縮性/緊張性頭痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu3/

「群発性頭痛(群発頭痛/ヒスタミン頭痛/ホートン頭痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu4/

「眼精疲労(目の疲れ、眼の奥の痛み、閃輝暗点)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu5/

「ドライアイ(涙液分泌不全)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu6/

「アフタ性口内炎鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu7/

「めまい(眩暈)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z8/

「耳鳴りの鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z9/

「難聴の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z10/

メニエール病鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z11/

突発性難聴鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z12/

「鼻炎の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z13/

「三叉神経障害(三叉神経痛、顔の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z15/

「顔面神経麻痺(ベル麻痺、まぶたの痙攣)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z16/

頚肩腕症候群(変形性頚椎症)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z18/

「肩凝り(肩こり、肩コリ、肩甲骨間痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zz19/

「肩関節周囲炎(五十肩、インピジメント症候群、腋の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zz20/

「背中の痛み(脊椎痛、肩甲骨間痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zj21/

「肋間神経痛(帯状疱疹ヘルペス、胸の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zj22/

乳腺炎(胸の張り、胸の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zj23/

「手首痛(スマホ腱鞘炎、ドケルバン病、リウマチ性関節炎)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zj25/

「肘痛(野球肘、テニス肘、ゴルフ肘、上腕骨上顆炎)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zj25-2/

「突き指(指の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zj26/

「股関節痛の鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/zl2/

「第三腰椎横突起症候群の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zl3/

「腰痛(坐骨神経痛腸腰筋炎、股関節痛、恥骨結合炎)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/za2/

椎間板ヘルニア鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/xs1/

「脊椎すべり症(腰椎すべり症)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/xd1/

「脊椎分離症(腰椎分離症)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/xd2/

坐骨神経痛(梨状筋症候群、臀部の痛み、尻の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/vrf1/

「オスグッド・シュラッター病(成長痛、膝の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/nn1/

「下肢痛(脚の痛み、大腿しびれ、太ももの痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/mm1/

腓腹筋痙攣(こむら返り、脚のひきつり)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/bg1/

「脛骨過労性骨障害(シンスプリント、すねの痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/nh3/

「筋挫傷(肉離れ、筋膜リリース、こむら返り、腱の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/vf1/

ジャンパー膝(シンディング・ラーセン・ヨハンソン病)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/jj1/

「下肢痛の鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/mh1/

「アキレス腱痛(アキレス腱周囲炎、かかと痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/njf1/

「捻挫(内外踝痛、くるぶし付近の痛み、ねんざ、腓骨筋痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/mjh1/

「足底腱膜炎(かかと痛、足底痛、足裏痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/frt1/

「月経困難症(月経痛、生理痛、下腹部痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/lfd2/

「月経不順(無月経、生理不順、不妊症、早発閉経)」→https://tokyo-tsubame89.com/wow1/

月経前症候群PMS)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/wo2/

更年期障害(更年期症候群、ホットフラッシュ)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/hge1/

子宮筋腫(下腹部痛、下腹部の冷え)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/hye1/

子宮内膜症(異所子宮内膜増殖症)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/tth2/

冷え性(脚の冷え、手足の冷え、基礎体温が低い)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/yyh1/

仙腸関節障害(恥骨結合炎、腰痛、鼠径部痛、仙骨痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/ugi1/

「しゃっくり(吃逆、横隔膜痙攣、のぼせ)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/kao1/

慢性胃炎(胃痛、萎縮性胃炎、胃酸過多、ストレス性胃炎)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/jj1-2/

過敏性腸症候群鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/lk2h/

クローン病鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/cr3/

潰瘍性大腸炎鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/674gh/

不定愁訴症候群(自律神経失調症、倦怠感)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/qi12/

不眠症睡眠障害入眠障害、イライラ)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/681yt/

「変形性関節症(変形性股関節症、変形性膝関節症、棚障害)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/lhk2/

「リウマチ性疾患(膠原病、全身性エリテマトーデス)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/yak1/

「無汗症(特発性後天性全身性無汗症、AIGA、無発汗症)」→https://tokyo-tsubame89.com/aiga/

顎関節症(顎のクリック音、歯ぎしり、顎の歪み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z14/

「頚椎症(ストレートネック、鞭打ち、寝違え、首痛、首コリ)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z17/

「腱鞘炎(手首痛)の鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/zj24/

「ギックリ痛の鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/za1/

難病と常識と鍼灸

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210405191222p:plain

マニュアル通りに刺鍼していると、ある時期から「あまり効果が感じられなくなってきた」と訴える患者が、一定数現れることがある。

 

特に開業してから数年が経過し、ある程度の臨床経験を積み、技術が向上して評判が良くなってきた頃、どこへ行っても治らなかったような、難治な病態の患者が徐々に増えてくるようになる。

 

その鍼灸師の本質の如何は、この時点から大きく露呈するように思える。

 

 

ある鍼灸師は難治な患者に直面すると、露骨に拒絶反応を示し、施術者としての本分を放棄する。難局を乗り越えようと努力しなければ技術は向上せず、来院患者数が減少する。結果的に、鍼灸師向けの会員商法や講習会の開催、学術的な分野に特化した役職にシフトチェンジするなど、臨床現場から離れてしまうケースもある。

 

一方、ある鍼灸師は難治な患者に直面するや否や、これは何とかせにゃならんと、時には中国へ飛び、中医が記した文献や、中医に関する中国の動画などを漁りつつ、最新の刺鍼法を研究し、良い治療法、解決策が見つかるまで、ひたすら試行錯誤を繰り返す。

 

中国では古代から医師が鍼灸を業としてきた影響で、鍼灸の技術は日進月歩かつ世界最高レベルである。

 

 

したがって、鍼灸技術を向上させる近道は、中医から学ぶことである。中国語を理解できない鍼灸師は、この不可欠な過程を経ることが能わず、中々技術が向上しない。

 

基本的に日本の鍼灸師は、それぞれの流派で教わったマニュアルから逸脱することなく、ベーシックかつ限られた刺鍼法で難治な患者に向き合うようになることが多いようだ。

 

見立ての上手な鍼灸師は、3回ほど刺鍼して効果が見られなければ、オーソドックスな刺鍼法が適切でないと判断し、より効果的な刺鍼法を探ることになる。

 

しかしながら、無暗やたらに鍼の長さを長くしたり、鍼の太さを太くしたり、只々漠然と刺鍼本数を増やしたり、何となく留針時間を長くしてみたりするだけでは、中々改善せず、いつか壁にぶち当たるようになる。この壁の存在を無視するならば、そこで技術の進化はストップしてしまう。

 

向上心が欠如していたり、メンタル的に弱い鍼灸師は探求することを止め、鬱になったり、カルトに依存したり、会員商法の餌食になってしまうことがある。中には患者を治せないと絶望し、鍼灸の現場から完全離脱するケースもみられる。

  

 

そこまで行かずとも、割り切った考え方で、難治な患者の受け入れを完全に拒否して、慰安的な施術に特化した鍼灸師となってしまうこともある。

 

実際に、難治な患者に直面した時、自分の技術に問題があることを直視せず、患者に問題があるのだと決めつけ、難治な患者の治療を放棄する鍼灸師が少なからず存在する。

 

以前、松江にいた頃、単なる慢性頭痛や肩凝り、腰痛などで悩む患者が、市内で古くから営業している某鍼灸院で、数回施術を受けたことがあった。

 

しかし、症状は一向に改善せず、某院長に不満を述べたところ、「あんたはリウマチだろう。うちでは治せん」と突っぱねられ、施術を拒否されたと訴える患者が何人もいた。

 

実際には、リウマチだった患者は1人もおらず、当院で施術したところ、ほぼ全員が完治するか、明らかな改善をみせた。

 

 

確かに現代病には、鍼灸が対症療法としかなり得ないようなケースも多々ある。

 

例えば枠珍や農薬、薬物、薬品、食器、調理器具、食品などから間接的に摂取しているアルミニウムやホルムアルデヒドカドミウム、水銀、鉛などの重金属類などには、血液脳関門を突破し、長期間に渡って体内に残留し、多彩な炎症症状を引き起こすものがあることが知られている。 

tokyo-tsubame89.com

 

近代から現代にかけて、雨後の筍の如く出現している自己免疫疾患、各種アレルギー疾患、膠原病アトピー性皮膚炎、花粉症、慢性じんましん、潰瘍性大腸炎クローン病、SLE(全身性エリテマトーデス)、原因不明の頭痛、重度のPMS月経前症候群)、不定愁訴症候群、無汗症、川崎病、早発閉経、繊維筋痛症などいわゆる難治の病は、農薬や薬品、食品添加物などがほとんど使用されていなかった時代にはみられなかった病態ばかりだ。

 

つまり、人為的な関与によって生み出されたとしか考えられないような難治な病態が、日に日に増えている。

www.tokyo-np.co.jp

 

病院で原因不明であると診断されたり、難治だと言われた病態の多くは、化学的な毒物や異物が日々体内に侵入し、長期にわたって残留することによって発現しているのかもしれない。

 

しかし、半世紀以上もの間、医学的、栄養学的、科学的な「常識」を重度に刷り込まれてきた人々にとっては、「常識」から逸脱しようにも、いわばセンメルヴェイス反射の如き、無意識下の拒絶反応を呈してしまうことが多く、どんなに確信的な事実を目の前に提示されようとも、確証バイアスによって「常識」から逃れることを自ら放棄してしまう。 

 

「常識」のウソに気が付いた賢い鍼灸師が、「食品添加物や不要な薬はなるべく摂取しないようにして下さい」と言い聞かせてみても、患者は「そんなのは陰謀ですよ」とか、「先生は意識高い系ですか?」などと嘲笑し、全く聞く耳を持たないことが少なくない。 

 

 

市場に出回っている薬物は、全て臨床試験を経た安全なモノであると盲信している人々が少なからず存在するけれど、実際には、第Ⅰ相臨床試験すら実施しておらず、中毒域、血液ー脳関門通過性、血液ー胎盤関門通過性、乳汁への移行性、髄液への移行性などの薬物動態不明なモノが病院ではバンバン投与されている。

 

世の中は、大衆が過労死ギリギリで働き続け、生涯不当な納税を強制され、適度に病気になって大量の薬を消費せざるを得ないような、非常に巧妙な奴隷的システムが仕組まれている。

www.youtube.com

 

そのために、長い時間をかけて、現代医学の存在価値と医師の地位を高め、薬がバカ売れするような仕組みを作る必要があったのだろう。

vimeo.com

 

その仕組みを構築するための重要なツールとなったのが、メディアである。

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210425193252p:plain

 

メディアは大衆に幻想を見せるのが主な役割だ(tell a vision)。大衆は自らの意思でチャンネル(channel)を選び、魔術的に電波を受信し、テレビと言う名のデバイスを依り代として、天から届く、メディアの声を受信する(channeling)。そして、大衆はメディアによって仕組まれた番組(program)を通じて、見事なほどに洗脳されてしまう(programing)。

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210405181533p:plain

 

 

世界最大のプロパガンダ機関であるハリウッド(Hollywood)の語源は、ドルイド教(Druid)に不可欠であった「holly tree(神聖な木)」だと言われている。

www.youtube.com

 

ドルイド教では、儀式を行う際に使われた魔法の杖は、すべて「holly tree」である「oak(オーク)」から作られていたそうで、この杖で魔術を行い、大衆に幻想を見せ、大衆を完全にコントロールした、と言われている。

the-awoke.com

 

実際に、ハリウッドでは無数の暴力やセックス、ドラッグの映像を大衆に与え、大衆を狂気させ、マインドコントロールすることに成功している。

 

つまり、ハリウッドは、いわゆる3S(screen,sex,sports)の1つとしての、現代における魔法の杖としての、重要な役割を果たしてきたのである。ちなみに、entertainの語源は「to keep,hold,or maintain in the mind(心を掴んで離さない)」である。

www.collective-evolution.com

 

それゆえ、メディアによって重度に洗脳された人々が難病になった場合、「食品添加物や農薬が原因かもしれませんよ」とか、「枠チンに含まれるホルムアルデヒドや重金属類による副作用かもしれませんよ」などと、至ってマトモな意見を提示しようとも、無用となることが多い。

 

患者は「それは医学的な常識とは異なりますから」とか「それは陰謀ですよ」などと一蹴して受け入れず、どんなに効果的な刺鍼法を用いても、全く改善が見込めない場合がある。

 

それゆえ、「ウチの鍼灸なら何でも治せるんじゃ!」と嘯く鍼灸師は、ホラッちょである可能性が高いと思うわけだが、洗脳度250%以上の人々にとっては、ホラッちょであっても、救世主に見えてしまうことがあるのかもしれない。

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210405185742p:plain

 

日頃から自分で調べ、常に思考する癖がついていないと、年を経るごとに、真実を見極めることが困難になってくるだろう。

 

メディアやSNS上には、「8割の真実と2割の嘘」という名の魔法の杖を用いて、大衆を誤誘導するドルイド的な人々が多数存在する。医師や看護師など医療関係者を装い、新コロ難民をカルトな方向へ誘導している輩も少なくない。

 

しかし、重度に飼いならされた羊は真偽を見分けることができず、多くの病院や治療院を彷徨い、ひたすら搾取されるばかりで、一向に健康を手にすることはできない。

 

その病態を難治にしているのは現代社会の「常識」であって、真実に気が付き、ウソの「常識」から離れれることができれば、治せる病は沢山あるのではないかと思う。

 

 

tokyo-tsubame89.com

tokyo-tsubame89.com

tokyo-tsubame89.com

tokyo-tsubame89.com

tokyo-tsubame89.com

tokyo-tsubame89.com

tokyo-tsubame89.com

tokyo-tsubame89.com

 

「急性腰痛の鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/zl1/

「慢性腰痛の鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/zk1/

不眠症鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/humin-2/

「偏頭痛と顎関節症鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu1/

「偏頭痛の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu2/

「緊張型頭痛(筋緊張/収縮性/緊張性頭痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu3/

「群発性頭痛(群発頭痛/ヒスタミン頭痛/ホートン頭痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu4/

「眼精疲労(目の疲れ、眼の奥の痛み、閃輝暗点)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu5/

「ドライアイ(涙液分泌不全)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu6/

「アフタ性口内炎鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu7/

「めまい(眩暈)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z8/

「耳鳴りの鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z9/

「難聴の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z10/

メニエール病鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z11/

突発性難聴鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z12/

「鼻炎の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z13/

「三叉神経障害(三叉神経痛、顔の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z15/

「顔面神経麻痺(ベル麻痺、まぶたの痙攣)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z16/

頚肩腕症候群(変形性頚椎症)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z18/

「肩凝り(肩こり、肩コリ、肩甲骨間痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zz19/

「肩関節周囲炎(五十肩、インピジメント症候群、腋の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zz20/

「背中の痛み(脊椎痛、肩甲骨間痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zj21/

「肋間神経痛(帯状疱疹ヘルペス、胸の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zj22/

乳腺炎(胸の張り、胸の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zj23/

「手首痛(スマホ腱鞘炎、ドケルバン病、リウマチ性関節炎)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zj25/

「肘痛(野球肘、テニス肘、ゴルフ肘、上腕骨上顆炎)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zj25-2/

「突き指(指の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zj26/

「股関節痛の鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/zl2/

「第三腰椎横突起症候群の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zl3/

「腰痛(坐骨神経痛腸腰筋炎、股関節痛、恥骨結合炎)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/za2/

椎間板ヘルニア鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/xs1/

「脊椎すべり症(腰椎すべり症)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/xd1/

「脊椎分離症(腰椎分離症)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/xd2/

坐骨神経痛(梨状筋症候群、臀部の痛み、尻の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/vrf1/

「オスグッド・シュラッター病(成長痛、膝の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/nn1/

「下肢痛(脚の痛み、大腿しびれ、太ももの痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/mm1/

腓腹筋痙攣(こむら返り、脚のひきつり)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/bg1/

「脛骨過労性骨障害(シンスプリント、すねの痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/nh3/

「筋挫傷(肉離れ、筋膜リリース、こむら返り、腱の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/vf1/

ジャンパー膝(シンディング・ラーセン・ヨハンソン病)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/jj1/

「下肢痛の鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/mh1/

「アキレス腱痛(アキレス腱周囲炎、かかと痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/njf1/

「捻挫(内外踝痛、くるぶし付近の痛み、ねんざ、腓骨筋痛)の鍼灸治療」→

「足底腱膜炎(かかと痛、足底痛、足裏痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/frt1/

「月経困難症(月経痛、生理痛、下腹部痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/lfd2/

「月経不順(無月経、生理不順、不妊症、早発閉経)」→https://tokyo-tsubame89.com/wow1/

月経前症候群PMS)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/wo2/

更年期障害(更年期症候群、ホットフラッシュ)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/hge1/

子宮筋腫(下腹部痛、下腹部の冷え)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/hye1/

子宮内膜症(異所子宮内膜増殖症)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/tth2/

冷え性(脚の冷え、手足の冷え、基礎体温が低い)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/yyh1/

仙腸関節障害(恥骨結合炎、腰痛、鼠径部痛、仙骨痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/ugi1/

「しゃっくり(吃逆、横隔膜痙攣、のぼせ)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/kao1/

慢性胃炎(胃痛、萎縮性胃炎、胃酸過多、ストレス性胃炎)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/jj1-2/

過敏性腸症候群鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/lk2h/

クローン病鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/cr3/

潰瘍性大腸炎鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/674gh/

不定愁訴症候群(自律神経失調症、倦怠感)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/qi12/

不眠症睡眠障害入眠障害、イライラ)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/681yt/

「変形性関節症(変形性股関節症、変形性膝関節症、棚障害)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/lhk2/

「リウマチ性疾患(膠原病、全身性エリテマトーデス)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/yak1/

「無汗症(特発性後天性全身性無汗症、AIGA、無発汗症)」→https://tokyo-tsubame89.com/aiga/

顎関節症(顎のクリック音、歯ぎしり、顎の歪み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z14/

「頚椎症(ストレートネック、鞭打ち、寝違え、首痛、首コリ)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z17/

「腱鞘炎(手首痛)の鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/zj24/

「ギックリ痛の鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/za1/

線維筋痛症/筋筋膜性疼痛症候群の鍼灸治療」→

https://tokyo-tsubame89.com/fms/ 

新コロとデジタル化

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210405181533p:plain

散在した情報をかき集めて精査・推理し、真相を導き出すことができた人は、あまりにも少ない。今回の新コロ詐欺は、賢者と愚者を見事に二分した。

 

www.youtube.com

 

自分で調べることさえせず、思考せず、常に他人に答えを求めているような人々は一生真相に気が付かず、「コ〇ナ脳(BD層)」から抜け出すことはできないかもしれない。

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210224172728p:plain

 

新コロはデジタル証明書(枠珍接種証明書)Common Pass(Green Card)の普及によって一旦収束する可能性もあるが、様々な資料を考慮すれば、2025~2030年まで、断続的にパンデミックが起こり続ける可能性もある。

www.technologyreview.com

www.bbc.com

www.usatoday.com

 

当面、デジタル証明書は紙媒体を用いるか、スマホへの搭載となり、2030年までにはマイクロニードルとルシフェラーゼを用いたデジタルタトゥーやマイクロチップの埋め込みが義務化され、それらがID(個人証明)となるかもしれない。

www.watch.impress.co.jp

jp.reuters.com

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210424192958p:plain

 

 

新コロは「ディストピア」を構築するための道具に過ぎない。

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210217152330j:plain

 

グレートリセット」を「生活様式」と呼び、「超監視社会」を「スーパーシティ」と言い換え、「ディストピア」を「風の時代」とすり替え、真相をひた隠しにする。

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210224170254p:plain

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210224170629p:plain

 

世界経済フォーラム(WEF)は「2030 Agenda(SDGs)」 に関連して、2017年の『Welcome to the year 2030. I own nothing, have no privacy, and life has never been better.(2030年へようこそ。私は何も持っていないわ。自分の自由はないけれど、ここでの生活は今までにないくらい素晴らしいわ)』と題された記事に、こんな話を書いている。

 

My biggest concern is all the people who do not live in our city.Those who got upset with the political system and turned against it. They live different kind of lives outside of the city. Some have formed little self-supplying communities. Others just stayed in the empty and abandoned houses in small 19th century villages.

私の一番の心配事は、私たちの街に住めなくなった人々のことなの。政治システムに反旗を翻し、法を犯した人は(街を追い出され)、郊外の異なる場所で生活することになるみたい。ある人は自給自足のコミュニティを形成し、ある人は19世紀のような寂れた集落で空腹のまま何も持たず、帰る場所もなく生きているらしいわ

www.weforum.org

 

 

「人体にRFIDチップを入れるなんて無理に決まってるだろう!」という、頭の中が大変なお花畑な人々は、以下の動画をどうぞ。

www.youtube.com

 

日立は今から15年ほど前に、0.05mm角のRFIDチップの開発に成功している。すでに当時の技術で、チップに38桁の番号を搭載できたらしい。現在の技術革新はさぞやと想像される。

www.hitachi.co.jp

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210225120807p:plain

 

マイクロチップはすでに1990年代から各国で人体への埋め込みが始まっているが、実際に2015年には、スウェーデンの某企業が社員の体内にRFIDマイクロチップを埋め込ませている。

www.cnet.com

www.businessinsider.jp

 

日本でも2022年までにペット(犬猫)への埋め込み義務化が決まっている。

https://www.env.go.jp/council/14animal/y143-19/mat05.pdf

www.news24.jp

mcblog.aeonpet.com

 

人間用のマイクロチップの埋め込みを推進している、ホルスの目らしきロゴが露骨なスウェーデンのBioNyfikenの社長は、「2025年までには、すべての人がマイクロチップを埋め込むことになるだろう」と予言(予告)しているそうだ。

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210225121125p:plain

  

これらの技術は、Mr.Microsoftが推進しているID2020や、WEFが掲げる2030 Agenda(SDGs) とも密接に関わっているだろう。

id2020.org

 

内閣府は2021年4月5日、給与のデジタル払いを21年度内に制度化することを公表した。

news.yahoo.co.jp

 

デジタル庁も、国民が3S(screen,sports,sex)に夢中になっている隙に、水面下でイロイロと怪しい動きを見せている。

www.asahi.com

 

BD層がこのまま真実に気が付かぬようなら、デジタル通貨世界統一通貨への完全移行も、そう遠くはない未来に実現してしまうかもしれない。

 

紙幣が廃止され、世界統一デジタル通貨が実現した暁には、給与の支払いも商品の売買もすべてデジタル化され、デジタルIDを持っていなければ給与をもらえず、経済活動からはじかれ、社会活動を営むことができなくなるだろう。

weekly-economist.mainichi.jp

 

これまで、一部の賢者たちが再三にわたって警告してきた「陰謀」が、新コロ開始後わずか1年あまりで、次々と現実化してきている。

www.nikkei.com

japan.zdnet.com

 

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210406193026p:plain

 

近い将来、BD層の人々は「陰謀」が真実であったことに気が付き、深く後悔したとしても、もはや手遅れになっているかもしれない。

www.nikkei.com 

www8.cao.go.jp

 

今まさに、ヨハネの黙示録に記されているThe first beastが、刻々と迫ってきている。

*当院院長は無所属・無宗教です。

 

Revelation 13 -The First Beast-

16 It also forced all people, great and small, rich and poor, free and slave, to receive a mark on their right hands or on their foreheads, 17 so that they could not buy or sell unless they had the mark, which is the name of the beast or the number of its name.

18 This calls for wisdom. Let the person who has insight calculate the number of the beast, for it is the number of a man.That number is 666.

16大きい者にも小さい者にも、富める者にも貧しい者にも、自由人にも奴隷にも、彼らの右手または額に、その刻印はすべての人に強制された17そのため、人々は、獣の名または獣の名の数字の刻印を持っていない限り、買うことも売ることもできなかった18ここには知恵が必要である。知恵がある者はその獣の数字を数えてみるがよい。それは獣の代理人に与えられた数字である。その数字は666である。)

www.biblegateway.com

www.youtube.com 

 

tokyo-tsubame89.com

tokyo-tsubame89.com

tokyo-tsubame89.com

tokyo-tsubame89.com

tokyo-tsubame89.com

tokyo-tsubame89.com

tokyo-tsubame89.com

tokyo-tsubame89.com

tokyo-tsubame89.com

 

「急性腰痛の鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/zl1/

「慢性腰痛の鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/zk1/

不眠症鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/humin-2/

「偏頭痛と顎関節症鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu1/

「偏頭痛の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu2/

「緊張型頭痛(筋緊張/収縮性/緊張性頭痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu3/

「群発性頭痛(群発頭痛/ヒスタミン頭痛/ホートン頭痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu4/

「眼精疲労(目の疲れ、眼の奥の痛み、閃輝暗点)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu5/

「ドライアイ(涙液分泌不全)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu6/

「アフタ性口内炎鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu7/

「めまい(眩暈)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z8/

「耳鳴りの鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z9/

「難聴の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z10/

メニエール病鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z11/

突発性難聴鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z12/

「鼻炎の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z13/

「三叉神経障害(三叉神経痛、顔の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z15/

「顔面神経麻痺(ベル麻痺、まぶたの痙攣)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z16/

頚肩腕症候群(変形性頚椎症)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z18/

「肩凝り(肩こり、肩コリ、肩甲骨間痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zz19/

「肩関節周囲炎(五十肩、インピジメント症候群、腋の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zz20/

「背中の痛み(脊椎痛、肩甲骨間痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zj21/

「肋間神経痛(帯状疱疹ヘルペス、胸の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zj22/

乳腺炎(胸の張り、胸の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zj23/

「手首痛(スマホ腱鞘炎、ドケルバン病、リウマチ性関節炎)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zj25/

「肘痛(野球肘、テニス肘、ゴルフ肘、上腕骨上顆炎)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zj25-2/

「突き指(指の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zj26/

「股関節痛の鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/zl2/

「第三腰椎横突起症候群の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zl3/

「腰痛(坐骨神経痛腸腰筋炎、股関節痛、恥骨結合炎)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/za2/

椎間板ヘルニア鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/xs1/

「脊椎すべり症(腰椎すべり症)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/xd1/

「脊椎分離症(腰椎分離症)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/xd2/

坐骨神経痛(梨状筋症候群、臀部の痛み、尻の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/vrf1/

「オスグッド・シュラッター病(成長痛、膝の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/nn1/

「下肢痛(脚の痛み、大腿しびれ、太ももの痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/mm1/

腓腹筋痙攣(こむら返り、脚のひきつり)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/bg1/

「脛骨過労性骨障害(シンスプリント、すねの痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/nh3/

「筋挫傷(肉離れ、筋膜リリース、こむら返り、腱の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/vf1/

ジャンパー膝(シンディング・ラーセン・ヨハンソン病)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/jj1/

「下肢痛の鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/mh1/

「アキレス腱痛(アキレス腱周囲炎、かかと痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/njf1/

「捻挫(内外踝痛、くるぶし付近の痛み、ねんざ、腓骨筋痛)の鍼灸治療」→

「足底腱膜炎(かかと痛、足底痛、足裏痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/frt1/

「月経困難症(月経痛、生理痛、下腹部痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/lfd2/

「月経不順(無月経、生理不順、不妊症、早発閉経)」→https://tokyo-tsubame89.com/wow1/

月経前症候群PMS)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/wo2/

更年期障害(更年期症候群、ホットフラッシュ)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/hge1/

子宮筋腫(下腹部痛、下腹部の冷え)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/hye1/

子宮内膜症(異所子宮内膜増殖症)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/tth2/

冷え性(脚の冷え、手足の冷え、基礎体温が低い)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/yyh1/

仙腸関節障害(恥骨結合炎、腰痛、鼠径部痛、仙骨痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/ugi1/

「しゃっくり(吃逆、横隔膜痙攣、のぼせ)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/kao1/

慢性胃炎(胃痛、萎縮性胃炎、胃酸過多、ストレス性胃炎)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/jj1-2/

過敏性腸症候群鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/lk2h/

クローン病鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/cr3/

潰瘍性大腸炎鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/674gh/

不定愁訴症候群(自律神経失調症、倦怠感)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/qi12/

不眠症睡眠障害入眠障害、イライラ)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/681yt/

「変形性関節症(変形性股関節症、変形性膝関節症、棚障害)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/lhk2/

「リウマチ性疾患(膠原病、全身性エリテマトーデス)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/yak1/

「無汗症(特発性後天性全身性無汗症、AIGA、無発汗症)」→https://tokyo-tsubame89.com/aiga/

顎関節症(顎のクリック音、歯ぎしり、顎の歪み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z14/

「頚椎症(ストレートネック、鞭打ち、寝違え、首痛、首コリ)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z17/

「腱鞘炎(手首痛)の鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/zj24/

「ギックリ痛の鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/za1/

線維筋痛症/筋筋膜性疼痛症候群の鍼灸治療」→

https://tokyo-tsubame89.com/fms/

気象操作について考える

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210305200051p:plain

 

日本で気象操作(weather control)について知っている人は、どれくらいいるだろう。

en.wikipedia.org

www.youtube.com

 

無数の新コロ自粛警察が闊歩する日本の現状を鑑みれば、「気象操作は陰謀である」と未だ根拠なく信じている人が大半を占めているのかもしれない。

 

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210312153615p:plain

もし地球の温暖化が事実であるならば、年々海水温は上昇し、夏は猛暑続きとなり、そこら中で上昇気流が発生して、毎年のように猛烈な台風が日本を襲うことだろう。

 

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210312153646p:plain

しかしながら、数十年に一度の猛暑となった2020年は、スーパー台風が頻発した2019年に比べ、台風はほとんど発生していない。温暖化が進んでいるはずなのに、なぜに海水温の上昇と台風の発生状況に矛盾が生じるのだろう。

 

また、「CO2(温室効果ガス)のせいで南極の氷が解けて海面が上昇する!」とメディアが騒いでみても、海抜ゼロメートルのオランダでさえ、未だ水没する様子はない。 

metro.co.uk

 

オランダが水没しないならば、海抜1メートルの沖ノ鳥島が水没するはずもなく、将来日本列島が沈没するとしたら、それは意図的な結果によるものだろう。そういえば、東京の海抜ゼロメートル地帯が沈んだという話も全く聞かない。

 

要するに、いつになってもハワイと日本がくっつかないプレートテクトニクス理論と同じロジックで、温暖化の証拠を実地調査する大衆などいないだろうとか、愚民ならゼロメートル地帯が一向に水没しないという至極簡単な矛盾にさえ気が付かぬだろうなどという前提で、大衆を小馬鹿にしたような壮大な嘘を平然とつき続けているのである。

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210312153352p:plain

 

  

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210312153502p:plain

大衆は、メディアや「権威」が「地球は温暖化している!」「地震地殻変動によって起こっている!」「新コロ感染者を666人を確認した!」と言えば、調べもせず、考えもせず、ただそう信じるだけだ。

 

1961年、JFKは国連総会で、weather control(気象操作)を予測(予告)していた。

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210305112325p:plain

www.youtube.com

 

1962年にはリンドン・ジョンソン(Lyndon Johnson、第36代アメリカ合衆国大統領)が、Southwest Texas State University (現在のTexas State University)の卒業式の講演で、「He who controls the weather will control the world.(気象を制する者が世界を制するだろう)」と述べた。

 

www.youtube.com

 

実際に気象操作は、ずいぶん前から画策されていたのだ。

 

中国では西北、东北、华北などで干ばつが多発していたため、1958年から人工降雨(人工增雨)の実験が開始された。

 

そして1959~1961年頃(いわゆる“三年困难时期”)、吉林省を中心に大干ばつが発生したが、この時、人工降雨に成功したらしい。

 

近年では、森林火災の消火や、砂漠の緑化にも人工降雨を利用しているようだ。

www.youtube.com

 

人工降雨の技術は、すでに世界中で実用化されている。このような技術は軍事転用であることが多いが、実際に人工降雨のミサイルも対空砲を用いて打ち上げられている。

 

「Cloud seeding(雲の種を撒く技術)」はGEの化学者によって1946年に考案されたものだから、元々は気象兵器として開発されたものなのかもしれない。

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210305171923p:plain

 

2016年には、アメリカのネバダ州でドローンを使った人工降雨の実験に成功している。

www.newswise.com

 


人工降雨の仕組みは簡単だ。まずは、小型ミサイルや飛行機を使い、ヨウ化銀ドライアイス、塩などを高高度(地上7,000-8,000m)で散布する。

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210305145223j:plain

 

すると、それらが空中で氷晶核となって氷粒(雨の種)に成長し、地上へ落下する途中で溶ければ雨、溶けなければ雪となる。1gのヨウ化銀で数百億個もの氷晶を産出させることができるらしい。

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210305142237p:plain

baike.baidu.com

www.jp.tdk.com

 

中国では、ヨウ化銀1gを内蔵した小型ミサイル1本あたりの価格は2,000~4,000元(約32,000~64,000円)だが、ある程度広範囲に雨を降らせる場合にかかる総コストは470~500万元(約7,520~8,000万円)だそうだ。あまりにも高額すぎるから、本当かどうかはわからない。

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210305144947j:plain

成都14日轻度污染 增雨破雾只因无云未能实现(组图)-搜狐滚动

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210305144629j:plain

灵宝人工降雨显威力_中原三农网|河南农业信息网|河南农业网|河南党报|中原农业资讯|河南农业网

  

また中国では、小型飛行機は人工降雨作業中に墜落するリスクがあるためか、

www.youtube.com

 

近年は、無人機(无人机)を用いた人工降雨にシフトしつつあるようだ。

画像1

画像2

ちなみに中国では、「中東では人工降雨で砂漠に川が出現した」なんてニュースが日常的に流されている。いかに日本のメディアが閉鎖的であるかがわかる。

 

www.cma.gov.cn

 

日本でも人工降雨はすでに実用化されており、奥多摩小河内ダムに人工降雨装置が設置されている。ちなみに中国では、ヨウ化銀の大量散布による、健康被害が懸念されている。

www.youtube.com

 

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210306090055p:plain

東京水道技術マガジン vol.2 | 広報・広聴 | 東京都水道局

 

さらに、ジェットエンジンを用いても、人工的に雨を降らせることが可能だ。

 

実際に、BBCの人気番組「Top Gear」では、スペースシャトル用のジェットエンジン、RS-25を運転させた際に出た水蒸気が天に昇って雲となり、約1時間後に雨となって地上に降り注いだ様子を放映している。

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210305115356p:plain

www.youtube.com

 

ジェットエンジンによる人工降雨を目の当たりにした司会者のジェレミー・クラークソンはIt's raining,that's unbelievable!NASA is playing God!と叫んでいた。

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210305185233p:plain


そうそう、「CRAZY CONSPIRACY THEORIST(キチ〇イ陰謀論者)」によると、「NASA」はヘブライ語to deceive(欺く、騙す)とか、greatly deceived(すっかり騙される)などの意味があるそうな。

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210305201855j:plain

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210305203404j:plain

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210305203509p:plain

 

ちなみに、ヨウ化銀にナノサイズのアルミニウムを混ぜて高高度で散布し、マイクロ波や高周波を照射すると、アルミニウムが発熱するため、大粒の雨を降らせることが可能だと言われている。

 

マイクロ波兵器(指向性エネルギー兵器)はすでに実戦配備されているし、

www.jiji.com

newsphere.jp

 

テスラコイルの技術を応用して開発されたHAARP(高周波活性オーロラ調査プログラム)も、高周波を電離層に照射することが可能であるから、理論上は局所的なゲリラ豪雨を降らせることは可能だ。

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210321170643p:plain
haarp.gi.alaska.edu

 

アメリカ空軍が管理していたHAARPの施設は2014年に閉鎖されているが、現在は京都大学生存圏研究所内に設置されたMUレーダーがHAARPと同様、指向性エネルギー兵器として利用されているのではないか、という噂がある。

ameblo.jp

blog.goo.ne.jp 

 

例えば、2016年4月14日に発生した熊本地震の2か月後、6月19日~22日にかけて、狙ったかのような局所的な豪雨が発生、熊本県甲佐では150mm/1hの猛烈な雨(史上1位、日本歴代4位)が降り、被災地は甚大な複合災害に見舞われた。

www.asahi.com

 

その後、2017年には九州北部豪雨、2018年には西日本豪雨、2019年には長野豪雨、2020年には再び熊本豪雨など、局所的かつ不自然なゲリラ豪雨が頻発した。

c.sanyonews.jp

 

最近でも、2021年3月2日189分頃、東北沖付近で発生したマグニチュード7.2地震震源の深さ約60km)の翌日それまで快晴続きだったにも関らず、突如として東北を中心とした大雨が発生している。

tenki.jp

weathernews.jp

  

また、2021年3月13日に福島沖で発生した大地震2日後それまで好天が続いていたにも関わらず、 被災地だけを狙ったかのような局所的かつ猛烈な「爆弾低気圧」が突如として発生している。

news.yahoo.co.jp

 

 

さらに、2021年51日10時27分頃にも同様に、宮城県沖で発生したマグニチュード6.6地震震源の深さ約60km)の翌日それまで快晴続きだったにも関らず、突如として局所的な大雨が震源地を襲っている。

emergency-weather.yahoo.co.jp

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210502151255p:plain

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210502151308p:plain

 

以上の地震に関する数字は6ばかりで怪しすぎるが、聖書や各宗教の成り立ち、ゲマトリアなどに関する教養がない、重度に洗脳されたコ〇ナ脳な人々には理解できないかもしれない。

 

 

もし、これらすべてが、温暖化で海水面や海水温が上昇した結果の豪雨であるならば、世界各地で豪雨が頻発し続けるはずであり、日本の一部の地域だけに限って大地震の後に、頻繁かつタイミングよく豪雨が発生するのは不自然である。

www.youtube.com

 

しかしながら、無知かつ無思考であると、温暖化の偽装→CO2地中貯留→自然災害の偽装→メディアによる気候変動の刷り込み→ハリウッドスターや自称「環境活動家」による地球環境保全プロパガンダ再生可能エネルギーの推進→各種環境税の徴収(炭素税、再エネ促進賦課金など)→SDGs→2030Agendaという、ヘーゲル弁証法的な古典的ロジックを見抜けず、只々自然災害は恐ろしいと嘆くばかりになる。意図的に破壊することで、支配者層の望む、新たな秩序の導入が容易になるのである。

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210502160508p:plain

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210428181609p:plain

toyokeizai.net

ab5730.blog.fc2.com 

 

ちなみに、Mr.Microsoft地球温暖化抑制を名目とした「sun-dimming technology」に投資を始めている。成層圏内でCaCO₃ (炭酸カルシウム)を撒いて太陽光を遮断し、人為的に気温を低下させ、地球温暖化を抑止しようという建前だ。www.forbes.com

forbesjapan.com

www.nature.com

 

しかし、「科学者」たちが、今後15年以内に「ミニ氷河期」が到来する可能性があると予言(予告)していたことや、Mr.MicrosoftがTEDでワクチンによる人口抑制(削減)に言及していたことや、多くの農場を買い占めていたことなどを知っていれば、何がデマで、何が真実なのかが、自ずと透けて見えてくるだろう。

www.huffpost.com

nypost.com 

 

さらに、WEF(世界経済フォーラム)は2017年6月の記事で、ドイツの科学者が巨大な人工太陽の開発に成功したと記している。人間は、太陽さえもコントロールすることが可能になったわけだ。また、この記事は太陽の動力源が核融合反応でないことを証明した、1つの決定的な記事であると言える。

www.weforum.org

 

WEFは2021年3月の記事で、波長222nmの遠紫外線(far-UVC)が、存在が証明されていないはずの空気中の新コロを99.9%不活性化することができるライト(Urban Sun)についても記している。WEFを構成している人々はゲマトリアを非常に重視していると推察され、記事中に現れる数字をゲマトリアで計算することができる人は、この記事が怪しいことにすぐ気が付くだろう。

www.weforum.org

 

しかし、ゲマトリアさえ知らず、科学というカ〇トによって重度に洗脳された人々は、地球から約1憶5,000万キロ離れていて超高速自転かつ螺旋状公転・移動しているはずの太陽と、地球から38万km離れていて自転と螺旋状公転が同期しているはずの月が、時速1,600km以上で自転し、時速約108,000kmで螺旋状に公転しているはずの地球から、奇跡的に寸分違わぬ大きさで見えたり、 

www.youtube.com

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210312153318p:plain

 

奇跡的に月食や日食が起こったり、奇跡的に月が同じ面だけを地球に向けていたり、奇跡的に38万km離れた位置からでも月を綺麗に撮影できたり、奇跡的に太陽光が球体のはずの月に全面均一に反射したり、

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210313164606p:plain

 

約1憶5,000万km離れた場所にあるはずの太陽光が、なぜか大気圏内に入ると水平ではなく、奇跡的に放射線状に降り注いだり、

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210313165157p:plain

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210313165220p:plain

 

太陽が誕生したのが46億年前であることに疑問など抱かないだろうから、WEFの大衆を小馬鹿にしたような記事がフェイクであることを見抜くなんてことはできぬだろうし、ましてや世界の仕組みを理解し、フェイクニュースの真意を知るなんてことは、到底能わぬのであろう。

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210502161158p:plain

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210313165444p:plain

 

 

www.youtube.com

www.youtube.com

 

「急性腰痛の鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/zl1/

「慢性腰痛の鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/zk1/

不眠症鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/humin-2/

「偏頭痛と顎関節症鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu1/

「偏頭痛の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu2/

「緊張型頭痛(筋緊張/収縮性/緊張性頭痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu3/

「群発性頭痛(群発頭痛/ヒスタミン頭痛/ホートン頭痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu4/

「眼精疲労(目の疲れ、眼の奥の痛み、閃輝暗点)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu5/

「ドライアイ(涙液分泌不全)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu6/

「アフタ性口内炎鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu7/

「めまい(眩暈)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z8/

「耳鳴りの鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z9/

「難聴の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z10/

メニエール病鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z11/

突発性難聴鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z12/

「鼻炎の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z13/

「三叉神経障害(三叉神経痛、顔の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z15/

「顔面神経麻痺(ベル麻痺、まぶたの痙攣)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z16/

頚肩腕症候群(変形性頚椎症)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z18/

「肩凝り(肩こり、肩コリ、肩甲骨間痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zz19/

「肩関節周囲炎(五十肩、インピジメント症候群、腋の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zz20/

「背中の痛み(脊椎痛、肩甲骨間痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zj21/

「肋間神経痛(帯状疱疹ヘルペス、胸の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zj22/

乳腺炎(胸の張り、胸の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zj23/

「手首痛(スマホ腱鞘炎、ドケルバン病、リウマチ性関節炎)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zj25/

「肘痛(野球肘、テニス肘、ゴルフ肘、上腕骨上顆炎)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zj25-2/

「突き指(指の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zj26/

「股関節痛の鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/zl2/

「第三腰椎横突起症候群の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zl3/

「腰痛(坐骨神経痛腸腰筋炎、股関節痛、恥骨結合炎)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/za2/

椎間板ヘルニア鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/xs1/

「脊椎すべり症(腰椎すべり症)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/xd1/

「脊椎分離症(腰椎分離症)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/xd2/

坐骨神経痛(梨状筋症候群、臀部の痛み、尻の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/vrf1/

「オスグッド・シュラッター病(成長痛、膝の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/nn1/

「下肢痛(脚の痛み、大腿しびれ、太ももの痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/mm1/

腓腹筋痙攣(こむら返り、脚のひきつり)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/bg1/

「脛骨過労性骨障害(シンスプリント、すねの痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/nh3/

「筋挫傷(肉離れ、筋膜リリース、こむら返り、腱の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/vf1/

ジャンパー膝(シンディング・ラーセン・ヨハンソン病)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/jj1/

「下肢痛の鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/mh1/

「アキレス腱痛(アキレス腱周囲炎、かかと痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/njf1/

「捻挫(内外踝痛、くるぶし付近の痛み、ねんざ、腓骨筋痛)の鍼灸治療」→

「足底腱膜炎(かかと痛、足底痛、足裏痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/frt1/

「月経困難症(月経痛、生理痛、下腹部痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/lfd2/

「月経不順(無月経、生理不順、不妊症、早発閉経)」→https://tokyo-tsubame89.com/wow1/

月経前症候群PMS)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/wo2/

更年期障害(更年期症候群、ホットフラッシュ)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/hge1/

子宮筋腫(下腹部痛、下腹部の冷え)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/hye1/

子宮内膜症(異所子宮内膜増殖症)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/tth2/

冷え性(脚の冷え、手足の冷え、基礎体温が低い)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/yyh1/

仙腸関節障害(恥骨結合炎、腰痛、鼠径部痛、仙骨痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/ugi1/

「しゃっくり(吃逆、横隔膜痙攣、のぼせ)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/kao1/

慢性胃炎(胃痛、萎縮性胃炎、胃酸過多、ストレス性胃炎)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/jj1-2/

過敏性腸症候群鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/lk2h/

クローン病鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/cr3/

潰瘍性大腸炎鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/674gh/

不定愁訴症候群(自律神経失調症、倦怠感)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/qi12/

不眠症睡眠障害入眠障害、イライラ)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/681yt/

「変形性関節症(変形性股関節症、変形性膝関節症、棚障害)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/lhk2/

「リウマチ性疾患(膠原病、全身性エリテマトーデス)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/yak1/

「無汗症(特発性後天性全身性無汗症、AIGA、無発汗症)」→https://tokyo-tsubame89.com/aiga/

顎関節症(顎のクリック音、歯ぎしり、顎の歪み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z14/

「頚椎症(ストレートネック、鞭打ち、寝違え、首痛、首コリ)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z17/

「腱鞘炎(手首痛)の鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/zj24/

「ギックリ痛の鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/za1/

線維筋痛症/筋筋膜性疼痛症候群の鍼灸治療」→

https://tokyo-tsubame89.com/fms/

 

安全な調理器具を選ぶ

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210303183735j:plain

ニ〇リの土鍋事件があって以来、調理器具は基本的に日本製しか使わないことにしている。調理中にカドミウムや鉛が溶け出すとはまことに恐ろしいことであるが、スポンサー第一主義のマスゴミは、今も昔も不都合なことは一切報道しないから、自分で情報を集めて、安全なものを選ぶしかない。

plaza.rakuten.co.jp

 

そうは言っても、最近は日本でもウェブ上の検閲が厳しくなってきているから、何か知りたいことがあるのであれば、「DuckDuckGo」とその他の検索エンジンを併用して調べるのが宜しい。

play.google.com

www.sankeibiz.jp

 

そんなわけで、ニ〇リの土鍋事件以来、カドミウムや鉛が怖いから、土鍋は使わなくなった。

 

中国製や東南アジア製、アンティーク食器などにも、カドミウムや鉛が溶出する危険性が高い食器が含まれていることがあるようだ。

blog.livedoor.jp

 

さらに、陶磁器やホウロウ引き(ホーロー加工品)製品にもカドミウムや鉛が含まれた着色顔料や釉薬が使用されていることがあるらしいから、とりあえずは有害物質を含まないと明言している製品を選ぶしかない。 

 

磁器製品に含まれるカドミウムや鉛については、以下のページがわかりやすい。

js-kikaku.com

 

要するに、

1.完成段階での焼成温度が1300℃以上

2.食器の内側に上絵を施さない無地(白色)または淡色の食器が最も安全

ということらしい。

 

ティーポットは日本製なら波佐見焼美濃焼など、安全そうな磁器製品が色々ある。

hasami-hamato.co.jp

https://www.pref.nagasaki.jp/yogyo/gijyutu/pdf/yakimono.pdf

 

磁器や陶器、ガラス製品そのものを避けるならば、 茶こしを直接マグカップに載せるのも良い。

 

 

現在は、鍋はル・クルーゼ製を使用しているが、バーミキュラの製品も良さそうだ。ル・クルーゼの鍋はもう何年も使っているが、重たい事以外にこれといった不満はない。この鍋は熱々の寄せ鍋ができる上に、米も美味しく炊けるし、デザインも良く、耐久性も宜しい。寄せ鍋に使うならココット・ジャポネーズ、米を炊くならココット・ロンドがおススメだ。

 

 

また、ガラス製品(クリスタルガラス)にも、屈折率を大きくするため、鉛を多く含むものがあるらしい。

 

マグカップなども釉薬が塗ってあるから、比較的重金属類の検査基準が厳しい北欧製のものを愛用している。イッタラやアラビアの300-400mlサイズのマグカップはデザインも良く、形が安定していて倒れにくいから使いやすい。 基本的に食器の内側に色を付けてあるものや、カドミウムや鉛の使用について明確に言及していないメーカーの食器は使用しないようにしている。

yle.fi

  

スープマグは形が安定していて、掴みやすいものが良い。ゼロジャパンの製品は美濃焼でデザインも良く、カドミウムと鉛の試験を不検出でクリアしているらしいから、愛用している。 市販のロウソクでティーポットを温められるティーウォーマーもある。

 

確かに、値段が高ければ品質が保証されているとは限らないが、やはり安い商品には安くできる理由があるし、高い商品には高くなってしまう理由がある。特に、調理器具の類の品質は大概価格に比例しているから、健康のことを考えれば、ちゃんとしたものをケチらず買うのが賢明だと思う。

 

そういえば、かつて、一酸化炭素濃度を高めることができる危険なフライパンがあった。

xtech.nikkei.com

 

現在も、安価で人気のフッ素樹脂加工フライパンは、過熱によって、めまいや呼吸困難、頭痛、吐き気などを引き起こすテトラフルオロエチレンやヘキサフルオロプロペン、クロロメタン、ブテンなどの有害ガスが発生するし、400℃程度の過熱ではフッ素樹脂の熱分解が起こることが確認されている。

www.pref.kanagawa.jp

 

フライパンを使うなら今のところ、京セラなどのセラミック加工されたものが最も安全かもしれない。洋食店ではステンレス製のフライパンがよく使われているが、セラミックの手入れのしやすさを一度体感すると、ステンレス製には戻れなくなる。 

 

日本料理店などでは伝統的にアルミ製の雪平鍋がよく使われているが、アルミが人体に取り込まれても完全に安全であるとか、100%無害であるという証明はなされていないから、アルミ製の鍋も使わないようにしている。

 

しかしながら、料理をするなら雪平鍋があった方が良いから、ステンレス製かつ日本製のものを選んで使っている。雪平鍋なら、やはり新潟県燕市製のものが最も品質が良く、安心できる。 

 

また、過熱が必要な料理を入れる皿や小鉢は、イワキの耐熱ガラス製品を使っている。あまり電子レンジは使いたくないけれど、時間がない時はスーパーやコンビニで添加物入りの総菜を買って、レンジで温めることがある。

 

その際、プラスチック製やポリプロピレン製などの容器は加熱によって有害物質が溶け出す可能性があるから、電子レンジでの過熱が必要な時は、耐熱ガラス製のものに移し替えて加熱するようにしている。

 

体は食べ物によって作られ、維持されるものである。それゆえ、健康になりたいと願うのであれば、安易に病院や薬に頼るのではなく、毎日無意識に様々なものから摂取している毒素を、少しずつでも意識的に排除してゆくことが何より重要だと思う。

 

 

「急性腰痛の鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/zl1/

「慢性腰痛の鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/zk1/

不眠症鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/humin-2/

「偏頭痛と顎関節症鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu1/

「偏頭痛の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu2/

「緊張型頭痛(筋緊張/収縮性/緊張性頭痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu3/

「群発性頭痛(群発頭痛/ヒスタミン頭痛/ホートン頭痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu4/

「眼精疲労(目の疲れ、眼の奥の痛み、閃輝暗点)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu5/

「ドライアイ(涙液分泌不全)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu6/

「アフタ性口内炎鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu7/

「めまい(眩暈)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z8/

「耳鳴りの鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z9/

「難聴の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z10/

メニエール病鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z11/

突発性難聴鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z12/

「鼻炎の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z13/

「三叉神経障害(三叉神経痛、顔の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z15/

「顔面神経麻痺(ベル麻痺、まぶたの痙攣)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z16/

頚肩腕症候群(変形性頚椎症)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z18/

「肩凝り(肩こり、肩コリ、肩甲骨間痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zz19/

「肩関節周囲炎(五十肩、インピジメント症候群、腋の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zz20/

「背中の痛み(脊椎痛、肩甲骨間痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zj21/

「肋間神経痛(帯状疱疹ヘルペス、胸の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zj22/

乳腺炎(胸の張り、胸の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zj23/

「手首痛(スマホ腱鞘炎、ドケルバン病、リウマチ性関節炎)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zj25/

「肘痛(野球肘、テニス肘、ゴルフ肘、上腕骨上顆炎)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zj25-2/

「突き指(指の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zj26/

「股関節痛の鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/zl2/

「第三腰椎横突起症候群の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zl3/

「腰痛(坐骨神経痛腸腰筋炎、股関節痛、恥骨結合炎)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/za2/

椎間板ヘルニア鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/xs1/

「脊椎すべり症(腰椎すべり症)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/xd1/

「脊椎分離症(腰椎分離症)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/xd2/

坐骨神経痛(梨状筋症候群、臀部の痛み、尻の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/vrf1/

「オスグッド・シュラッター病(成長痛、膝の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/nn1/

「下肢痛(脚の痛み、大腿しびれ、太ももの痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/mm1/

腓腹筋痙攣(こむら返り、脚のひきつり)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/bg1/

「脛骨過労性骨障害(シンスプリント、すねの痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/nh3/

「筋挫傷(肉離れ、筋膜リリース、こむら返り、腱の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/vf1/

ジャンパー膝(シンディング・ラーセン・ヨハンソン病)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/jj1/

「下肢痛の鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/mh1/

「アキレス腱痛(アキレス腱周囲炎、かかと痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/njf1/

「捻挫(内外踝痛、くるぶし付近の痛み、ねんざ、腓骨筋痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/mjh1/

「足底腱膜炎(かかと痛、足底痛、足裏痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/frt1/

「月経困難症(月経痛、生理痛、下腹部痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/lfd2/

「月経不順(無月経、生理不順、不妊症、早発閉経)」→https://tokyo-tsubame89.com/wow1/

月経前症候群PMS)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/wo2/

更年期障害(更年期症候群、ホットフラッシュ)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/hge1/

子宮筋腫(下腹部痛、下腹部の冷え)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/hye1/

子宮内膜症(異所子宮内膜増殖症)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/tth2/

冷え性(脚の冷え、手足の冷え、基礎体温が低い)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/yyh1/

仙腸関節障害(恥骨結合炎、腰痛、鼠径部痛、仙骨痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/ugi1/

「しゃっくり(吃逆、横隔膜痙攣、のぼせ)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/kao1/

慢性胃炎(胃痛、萎縮性胃炎、胃酸過多、ストレス性胃炎)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/jj1-2/

過敏性腸症候群鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/lk2h/

クローン病鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/cr3/

潰瘍性大腸炎鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/674gh/

不定愁訴症候群(自律神経失調症、倦怠感)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/qi12/

不眠症睡眠障害入眠障害、イライラ)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/681yt/

「変形性関節症(変形性股関節症、変形性膝関節症、棚障害)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/lhk2/

「リウマチ性疾患(膠原病、全身性エリテマトーデス)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/yak1/

「無汗症(特発性後天性全身性無汗症、AIGA、無発汗症)」→https://tokyo-tsubame89.com/aiga/

顎関節症(顎のクリック音、歯ぎしり、顎の歪み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z14/

「頚椎症(ストレートネック、鞭打ち、寝違え、首痛、首コリ)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z17/

「腱鞘炎(手首痛)の鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/zj24/

「ギックリ痛の鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/za1/

新コロ61の真実(5)

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210225124815p:plain

 

52.大衆は大幅自粛、テレビは通常営業

メディアでは、専門家でない人間が専門家であるかのように提言することがよくある。この場合の人選は、専門家であるかどうかは関係なく、大衆への影響力があるかどうかや、裏のコネクションの如何によって決定されるようだ。そのため、このような人物はメディアが世論誘導のために利用しているだけの可能性が高く、提言する内容は真実では無いことが多い。 実際に、学校での行事や、国民の合唱会やマラソン大会、運動会の類は強制自粛であったのに、紅白も、FNS歌謡祭も、24時間テレビのマラソンも、駅伝も、料理番組も、マスク無しで通常営業であった。

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210405141221p:plain

www.asahi.com

 

さらに、アメリカの感染症学会や、世界32カ国の感染症専門家239人らが、新コロは「エアロゾルで数十メートル先まで空気中を浮遊し、濃厚接触しなくとも感染するリスクがある」という報告書を公開しているにも関わらず、各都道府県の知事が「マスク装着を徹底しましょう」と、マスクなしで喧伝している姿には明らかな矛盾がある。

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210405145605p:plain

 

ちなみに、政治家もマスクが不要なことを知っているようだ。

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210221184306p:plain

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210425152741p:plain

www.nikkei.com

www.clinicfor.life

www.asahi.com

www.tokyoheadline.com

www.iza.ne.jp

www.yomiuri.co.jp

www.chibanippo.co.jpwww.sankei.com

www.nikkei.com

mainichi.jp

www.asahi.com

53.時短営業に科学的な根拠はない

営業時間を20時までにすると、より混雑してクラスターが起こりそうだが、政府は利用人数の制限は行わず、科学的なエビデンス無しに飲食店の時短営業を強制している。ほとんどの飲食店でクラスターは発生しておらず、中小企業潰しによる土地の買収・再開発や、企業の再編成、新コロ詐欺を隠蔽するための集会の制限などを当面の目的としていると推察される。ちなみに東京都では、東京都中小企業振興公社が「企業再編促進支援事業」として、国内譲受事業者とのM&Aマッチングの支援を斡旋している。

www.tokyo-kosha.or.jp

 

54.高級官僚、ビジネス関係者らは隔離免除

各国首脳や大統領、外務大臣、ビジネス関係者、中国・韓国・ベトナムなど11ヶ国から来日する出張者や技能実習生、留学生は、緊急事態宣言中も、空港での2週間の隔離を免除されている。新コロは忖度できる賢いウイルスなのだろうか。新コロ発生当初は、最も感染リスクが高そうな満員電車も公共バスでも、窓を開けていなかった。現在でも、彼らが空港での2週間の隔離を免除されたり、公共交通機関クラスターが発生したりしないのは、それらが経済活動を支える社会インフラとなっているからであり、生産基盤へ影響を与えるような場所では、クラスターは起こらないのであるクラスターはPCRのCt値を巧みに利用して、偽装されていたと考えるのが自然である。

www3.nhk.or.jp

www.sankeibiz.jp

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210224192937p:plain

www.youtube.com

 

55.メディアは新コロ詐欺を知っている

知らぬは視聴者のみである。コ〇ナ脳な人々は、各メディアが平然と嘘をついていることに全く気が付いていない。例えば、某メディアでは、過去にガス漏れで卒倒した婦人の写真を流用し、「インドでは新コロ悪化で道行く人々が死んでいる」と大嘘をついていた。新コロ詐欺では、このようなフェイクニュースが毎日のように報道されている。

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210502162005p:plain

 

また、ある報道では、女性が2本指で重そうな遺体を軽々と運んでいたり、

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210224085951p:plain

大衆へのマスク強制を煽っているかのようなクライシスアクターがいたり、

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210509102122p:plain

 

あらゆるコ〇ナ脳を演じるクライシスアクターがいたり、

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210509102652p:plain

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210509102639p:plain

 

マネキンをお見舞いする某首相がいたり、

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210502163155p:plain

 

仰臥位で安静にしていなければならないはずの重症新コロ患者が、テーブルに沢山の飲み物を置いた状態かつ伏臥位でマッサージを受けていたり、

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210528230255p:plain

 

マネキンに人工呼吸器を装着する医師がいたり、

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210220094151p:plain

 

カメラマンが防護服を着ていなかったり、枚挙にいとまがない。

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210217151914j:plain

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210217151931j:plain

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210217151955j:plain

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210217151942j:plain

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210217152257p:plain

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210225104342p:plain

kogusoku.com

56.新コロの設定がコロコロ変わる

新コロは当初、中国や欧米では角膜からでも1秒で感染する強毒ウイルスであるとされていた。それゆえ、空の大きなペットボトルをかぶることが流行った。一方、日本では1%の界面活性剤の噴射で死滅する微弱なウイルスであるとしていたが、いつからか殺人ウイルスであると報じられるようになった。新コロという名のとおり、設定もコロコロ変わる。

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210217152213p:plain

画像

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210224193815j:plain

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210224231310p:plain

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210302092652p:plain



57.なぜに1類に指定しないのか?

そもそも、世界中で新生活様式への移行を叫び、マスク・消毒・テレワーク・ロックダウン・枠賃接種を強制する必要があるほど本当に危険なウイルスであれば、問答無用で1類にすべきである。では、なぜに新コロを1類にしないのか?おそらく、1類の場合は現場の感染症対策や衛生管理がかなり面倒なことになり、すべての人がダスティン・ホフマン主演の映画『アウトブレイク』のように、防護服を装着しなければならないレベルになってしまうからだろう。

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210425152656p:plain

 

それに、5類ではパンチが無さすぎるし、1類でアソウのような無意味な鼻出しマスクやマスクシールドを許容したら、大衆からウイルスの存在そのものを疑われる可能性がある。

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210425152741p:plain

 

また、適当にマスクを強制することで、マスクは存在しない新コロのアイコンとなり、マスクを装着している人を見れば、あたかもそこに新コロが存在するかのように大衆に錯覚させることが可能となる。さらに、2類は強制入院が可能であり、それほど大げさな感染症対策を講じずとも大衆に疑われることがないし、最も都合が良いのだろう。

www.nikkei.com

 

58.未だかつてない言論統制

2020年末から、メディアとSNSで、新コロや枠珍関係の真実を「デマ」であるとして、かつてないほどの言論統制が始まった。ツ〇ッターでは不都合な事実をリツイートできないように制限したり、フォローを勝手に外したり、規約違反でないにも関わらず、勝手にアカウントを停止する暴挙に出た。〇oogleやYou〇ubeにおいても、真実は「デマ」として検閲対象となり、検索対象から外されたり、動画を削除されるようになったため、隠語を使わなければならぬようになった。最近は画像に記された文字でさえ、検閲対象になっているという話もある。まるで戦前の特高警察による言論統制を彷彿とさせるファシズムであり、自ずと新コロ詐欺が黒であると証明しているようなものであるが、コ〇ナ脳は検閲自体が陰謀であると、未だに信じて疑わないらしい。

 

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210224214523p:plain

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210224222308p:plain

 

59.新コロは賢愚のスクリーニングに役立つ

散在した情報をかき集め、精査・推理し、真相を導き出すことができた人はあまりにも少ない。今回の新コロ詐欺は、賢者と愚者を見事に二分した。自分で調べることさえせず、思考せず、常に他人に答えを求めているような人は、一生真相に気が付かず、「コ〇ナ脳(BD層)」から抜け出すことはできないだろう。

 

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210224172728p:plain

 

60.デジタル証明書の普及で新コロ収束?

新コロはデジタル証明書(ワクチン接種証明書)、Common Pass(Green Card)の普及によって一旦収束するだろう。当面は紙媒体を用いるか、スマホへの搭載となり、2030年までにはマイクロニードルとルシフェラーゼを用いたデジタルタトゥーやマイクロチップの埋め込みが義務化され、それらがID(個人証明)となるかもしれない。

www.watch.impress.co.jp

jp.reuters.com

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210217152330j:plain

 

61.コ〇ナ脳を待ち受ける「ディストピア

新コロは「ディストピア」を構築するための道具に過ぎない。「グレートリセット」を「新生活様式」と言い、「超監視社会」を「スーパーシティ」と言い、「ディストピア」を「風の時代」と言い換え、真相をひた隠しにする。

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210224170254p:plain

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210224170629p:plain

 

世界経済フォーラム(WEF)は2030 Agenda(SDGs) に関連して、2017年の『Welcome to the year 2030.  I own nothing, have no privacy, and life has never been better(2030年へようこそ。私は何も持っていないわ。自分の自由はないけれど、ここでの生活は今までにないくらい素晴らしいわ)』と題された記事に、こんな話を書いている。

 

My biggest concern is all the people who do not live in our city.Those who got upset with the political system and turned against it. They live different kind of lives outside of the city. Some have formed little self-supplying communities. Others just stayed in the empty and abandoned houses in small 19th century villages.

「私の一番の心配事は、私たちの街に住めなくなった人々のことなの。政治システムに反旗を翻し、法を犯した人は(街を追い出され)、郊外の異なる場所で生活することになるみたい。ある人は自給自足のコミュニティを形成し、ある人は19世紀のような寂れた集落で空腹のまま、帰る場所もなく、生きているらしいの」

www.weforum.org

 

「人体にRFIDチップを入れるなんて無理に決まってるだろう!」という、頭の中が大変なお花畑な人々は、以下の動画をどうぞ。

www.youtube.com

 

日立は今から15年ほど前に、すでに0.05mm角のRFIDチップの開発に成功している。当時の技術で、チップに38桁の番号を搭載できたらしい。現在の技術革新はさぞやと想像される。

www.hitachi.co.jp

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210225120807p:plain

 

マイクロチップはすでに1990年代から各国で人体への埋め込みが始まっているが、日本でも2022年までにペット(犬猫)への埋め込み義務化が決まっている。

 

マイクロチップの埋め込みを推進している、ホルスの目らしきロゴが露骨なスウェーデンのBioNyfikenの社長は、「2025年までには、すべての人がマイクロチップを埋め込むことになるだろう」と予言(予告)しているそうだ。

 

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210225121125p:plain

singularityhub.com

www.youtube.com

 

これらの技術は、Mr.Microsoftが推進しているID2020や、WEFが掲げる2030 Agenda(SDGs) とも密接に関わっているだろう。

id2020.org

 

実際に、かなり早いスピードで給与のデジタル支払いが制度化され、デジタル通貨への移行が開始されつつある。

news.yahoo.co.jp

 www.youtube.com

 

新コロ詐欺によって発行された枠賃接種証明書は、いずれマイクロチップ入りのデジタルIDとなるだろう。そして、紙幣が廃止され、世界統一デジタル通貨が実現した暁には、給与の支払いも商品の売買も、すべてデジタル化され、デジタルIDがなければ給与をもらえず、経済活動からはじかれ、社会活動を営むことができなくなるかもしれない。

weekly-economist.mainichi.jp

 

これまで、一部の賢者たちが、再三にわたって警告してきた「陰謀」が、次々と現実化している。近い将来、BD層の人々が、「陰謀」が真実であったことに気が付き、深く後悔したとしても、もはや手遅れになっているかもしれない。

www.nikkei.com

 

Mr.Microsoftがこれまで関わってきた事業をトレースしてみると、Microsoftの「micro」はマイクロチップの意味であるように思われる。そう考えると、彼の最終的な仕事は、全人類にマイクロチップを埋め込むことなのであろうと推察される。

japan.zdnet.com

www.nikkei.com

 

今まさに、ヨハネの黙示録13章(Revelation 13)に記されている「The first beast」が、刻々と迫ってきている。

 

*当院院長は完全無所属無宗教です。

 

The First Beast(付録)

英訳:16 It also forced all people, great and small, rich and poor, free and slave, to receive a mark on their right hands or on their foreheads, 17 so that they could not buy or sell unless they had the mark, which is the name of the beast or the number of its name.18 This calls for wisdom. Let the person who has insight calculate the number of the beast, for it is the number of a man.That number is 666.

和訳:16大きい者にも小さい者にも、富める者にも貧しい者にも、自由人にも奴隷にも、彼らの右手または額に、その刻印はすべての人に強制された17そのため、人々は、獣の名または獣の名の数字の刻印を持っていない限り、買うことも売ることもできなかった18ここには知恵が必要である。知恵がある者はその獣の数字を数えてみるがよい。それは獣の代理人に与えられた数字である。その数字は666である。)

 

www.biblegateway.com

www.youtube.com 

  

 

tokyo-tsubame89.com

tokyo-tsubame89.com

tokyo-tsubame89.com

tokyo-tsubame89.com

tokyo-tsubame89.com

tokyo-tsubame89.com

tokyo-tsubame89.com

tokyo-tsubame89.com

 

「急性腰痛の鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/zl1/

「慢性腰痛の鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/zk1/

不眠症鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/humin-2/

「偏頭痛と顎関節症鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu1/

「偏頭痛の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu2/

「緊張型頭痛(筋緊張/収縮性/緊張性頭痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu3/

「群発性頭痛(群発頭痛/ヒスタミン頭痛/ホートン頭痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu4/

「眼精疲労(目の疲れ、眼の奥の痛み、閃輝暗点)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu5/

「ドライアイ(涙液分泌不全)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu6/

「アフタ性口内炎鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu7/

「めまい(眩暈)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z8/

「耳鳴りの鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z9/

「難聴の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z10/

メニエール病鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z11/

突発性難聴鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z12/

「鼻炎の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z13/

「三叉神経障害(三叉神経痛、顔の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z15/

「顔面神経麻痺(ベル麻痺、まぶたの痙攣)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z16/

頚肩腕症候群(変形性頚椎症)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z18/

「肩凝り(肩こり、肩コリ、肩甲骨間痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zz19/

「肩関節周囲炎(五十肩、インピジメント症候群、腋の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zz20/

「背中の痛み(脊椎痛、肩甲骨間痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zj21/

「肋間神経痛(帯状疱疹ヘルペス、胸の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zj22/

乳腺炎(胸の張り、胸の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zj23/

「手首痛(スマホ腱鞘炎、ドケルバン病、リウマチ性関節炎)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zj25/

「肘痛(野球肘、テニス肘、ゴルフ肘、上腕骨上顆炎)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zj25-2/

「突き指(指の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zj26/

「股関節痛の鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/zl2/

「第三腰椎横突起症候群の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zl3/

「腰痛(坐骨神経痛腸腰筋炎、股関節痛、恥骨結合炎)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/za2/

椎間板ヘルニア鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/xs1/

「脊椎すべり症(腰椎すべり症)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/xd1/

「脊椎分離症(腰椎分離症)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/xd2/

坐骨神経痛(梨状筋症候群、臀部の痛み、尻の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/vrf1/

「オスグッド・シュラッター病(成長痛、膝の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/nn1/

「下肢痛(脚の痛み、大腿しびれ、太ももの痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/mm1/

腓腹筋痙攣(こむら返り、脚のひきつり)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/bg1/

「脛骨過労性骨障害(シンスプリント、すねの痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/nh3/

「筋挫傷(肉離れ、筋膜リリース、こむら返り、腱の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/vf1/

ジャンパー膝(シンディング・ラーセン・ヨハンソン病)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/jj1/

「下肢痛の鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/mh1/

「アキレス腱痛(アキレス腱周囲炎、かかと痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/njf1/

「捻挫(内外踝痛、くるぶし付近の痛み、ねんざ、腓骨筋痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/mjh1/

「足底腱膜炎(かかと痛、足底痛、足裏痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/frt1/

「月経困難症(月経痛、生理痛、下腹部痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/lfd2/

「月経不順(無月経、生理不順、不妊症、早発閉経)」→https://tokyo-tsubame89.com/wow1/

月経前症候群PMS)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/wo2/

更年期障害(更年期症候群、ホットフラッシュ)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/hge1/

子宮筋腫(下腹部痛、下腹部の冷え)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/hye1/

子宮内膜症(異所子宮内膜増殖症)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/tth2/

冷え性(脚の冷え、手足の冷え、基礎体温が低い)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/yyh1/

仙腸関節障害(恥骨結合炎、腰痛、鼠径部痛、仙骨痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/ugi1/

「しゃっくり(吃逆、横隔膜痙攣、のぼせ)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/kao1/

慢性胃炎(胃痛、萎縮性胃炎、胃酸過多、ストレス性胃炎)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/jj1-2/

過敏性腸症候群鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/lk2h/

クローン病鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/cr3/

潰瘍性大腸炎鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/674gh/

不定愁訴症候群(自律神経失調症、倦怠感)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/qi12/

不眠症睡眠障害入眠障害、イライラ)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/681yt/

「変形性関節症(変形性股関節症、変形性膝関節症、棚障害)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/lhk2/

「リウマチ性疾患(膠原病、全身性エリテマトーデス)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/yak1/

「無汗症(特発性後天性全身性無汗症、AIGA、無発汗症)」→https://tokyo-tsubame89.com/aiga/

顎関節症(顎のクリック音、歯ぎしり、顎の歪み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z14/

「頚椎症(ストレートネック、鞭打ち、寝違え、首痛、首コリ)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z17/

「腱鞘炎(手首痛)の鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/zj24/

「ギックリ痛の鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/za1/