読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インチョーのブログ(表)( ´∀`)

「東京つばめ鍼灸」インチョーの独り言ブログ。「南北相法」の翻訳ページはこちら→http://www.varianttuning.com/index.html

毒りんご

最近iPhone5sの調子が悪い。使い始めてちょうど2年半くらいだ。再起動してもフリーズする回数が増えてきた。iPhoneは2~3年が設計上の寿命らしいが、確かに2年目くらいから異常が出てきた。ソニータイマーの如き精度でまことに恐ろしい。 まぁ、大したデータ…

寺から出れば坊主

やるべきことが色々あって、北京の日記が全く進まない。今日は南北相法についての取材をさせてれと某出版社から電話があった。どうやらディスカバージャパンの記事を見たらしい。針灸に関係ないことにあまり時間を割きたくないが、南北相法について協力すれ…

黄泉比良坂のその後

黄泉比良坂へ行ったあと、私は午後から用事があったので、師匠のお父さんを自宅まで車で送って、そこでお別れする予定だった。 その頃私が乗っていた車は10万円で買ったボロクソワーゲンで、左ハンドル車だった。お父さんは毎回左側にある運転席のドアを開け…

続・2011年前後

砂丘は島根にあると思い込んでいた自称シティーボーイにとって、島根での生活は不安だらけだった。 2010年の7月中には、前院長であったTさんから島根の北京堂を引き継がねばなかった。それゆえ、出来るだけ早く島根へ行っておかねばならなかった。しかし、…

2011年前後

島根に住んでいた時の話。 島根の北京堂は、まだ八束郡と呼ばれていた頃の東出雲町で、師匠が30年ほど前に開業した。今も9号線を米子方面に走っていると「北京堂鍼灸」と書かれた看板が見える。ちなみに東出雲町と言えば三菱農機と黄泉比良坂(よもつひらさ…

花甲

先日、師匠の還暦パーティーがあった。私は予約しておいたホールのケーキと、還暦祝いに剪纸を持参することにした。 ケーキは最も見た目が美しく、実際に食べても美味しそうなケーキを選んだ。近所では見当たらなかったので、新宿のアンテノールで予約注文し…

またバインド

BiND8で上海での日記をまとめていたら、突然編集画面がシャットダウンした。それから全く起動しなくなってしまった。どうやらインポートした画像が増えたせいか、ファイルが壊れたらしい。 私の日記の中の、上海で暴走タクシーに遭った件(くだり)には、中…

上海へ行った

連休をとって上海へ行ってきた。高校時代からの友人S氏が上海での出向を終え、9月いっぱいで日本へ戻って来るとのことだった。そんなわけで、「俺がいるうちに遊びに来いよ」ということになった。 いつかは上海へ行くつもりだった。上海市内の針灸用具店と書…

不眠と針灸

昔から酷く疲れると、眠れなくなることがある。20歳を過ぎてから約10年間、完全夜型の不摂生な生活を続けていたことや、遺伝的に筋肉が凝りやすいことなどが少なからず影響しているのだろう。 確かに北京堂で師匠に施術してもらったり、自分で自分に鍼灸を施…

無慈悲なピーポ

久々に師匠に針を打ってもらうため、師匠ハウス(小菅の北京堂)へ行ってきた。もう何年も針を打ってもらっていないから、背中がかなり凝っていた。 9:30の予約だったから、遅れないように7:30に家を出た。渋滞が無ければ45分くらいで到着するが、朝はどの…

胆嚢結石の予防と治療(『中華医薬』に学ぶ実際の症例)

今回参考にした中華医薬は、胆嚢結石についてである。ここ数年、メディアの影響で小食、粗食がブームになっており、1日1食が良いと主張する人もいれば、1日2食が良いと主張する人もいる。3食は獣、2食は人間、1食は聖などと言う人もいる。インドには食事を一…

日本鍼灸のカオス

もうすぐ、産業廃棄物管理票の提出期限だ。東京で産業廃棄物の処理を業者に委託した鍼灸院は、前年4/1~今年3/31の管理票を6/30までに、東京都環境局あてに送付するよう義務付けられている(八王子市は別らしい)。 鍼灸を業にしていると、当然ながら血の付…

腎臓病の予防と治療(『中華医薬』に学ぶ実際の症例)

今回、参考にした中華医薬は、腎疾患の予防と治療についてである。最近は副作用がないと信じて気軽に、不要なほどの漢方薬やサプリメントの類を毎日欠かさず摂取している人がいるらしい。そして、それらの過剰摂取によって、知らず知らずのうちに、腎障害に…

腎臓結石の予防と治療(『中華医薬』に学ぶ実際の症例)

今回、参考にした中華医薬は腎臓結石の特集だ。食が欧米化し、飽食に溺れる日本人にとって、結石はもはや他人事ではない。しかし残念ながら、 鸡内金や金钱草、海金沙など、結石を溶かすと言われているような漢方薬を使った治療は、未だ日本では一般的ではな…

早発閉経の予防と治療(『中華医薬』に学ぶ実際の症例)

中国伝統医学と最新の中国針灸研究の一環として、最近はCCTVばかりを観ている。特に中华医药(中華医薬)という番組が最も鍼灸業に役立つので、HDDに保存しては暇をみて内容をまとめている。 この番組では、中国国内の少数民族の伝承医学や、最新の針灸術、…

写真コンテスト

忙しくてこんなことしている場合じゃないのだけれど、ちょっと「訪中日本人写真コンテスト」なるモノに写真を応募してみた。 こんなコンテストがあるなんて知らなかったのだけれど、CCTVのCMで今月末に六本木ヒルズにて中国節(チャイナフェスティバル)とい…

東京バブル

今年の初詣は、何となく浅草へ行くことになった。祖父が昔浅草で商売をしていたこともあって、幼少時から幾度となく訪れているが、正月に行くのは初めてかもしれない。 浅草までは自家用車で行ったのだが、駐車場はどこも満車で行列が出来ていたもんだから、…

富貴は浮き雲の如し

先日、久々に上海へ出向している旧友と会った。彼は高校時代の同級生で、私の数少ない友人の一人だ。私は高校の頃から群れることに嫌気が差すようになっていて、元来の奇人気質が年を追うごとに強くなっているからか、未だに友人と呼べる人間は片手で数える…

芸は一代

先日、久々に師匠の治療を見学するため、小菅の北京堂へ行ってきた。まぁ久々とは言っても1年くらいしか経っていない。 とりあえず、今年北京で買うべき本を一冊教えてもらった。線維筋痛症の治療法が書かれている数少ない本だ。人民衛生出版社の本屋は店員…

昔の記憶

先月、20年ぶりに京都と奈良を旅行してきた。基本的に東京に住んでいると何でも揃ってしまうから特段用事がない限り、わざわざ関西の都市部へ出向くことはない。今回は、とりあえず名所と呼ばれる場所を中心に巡ることにした。 初日は京都タワーへ上ってみた…

あとは感覚器のみ

やっと翻訳が終わりそう。あと五官科を少し訳せばお終いだから、来週には終わるかな。しかし、8ページもあってフリーペーパーとしてはコストが高くなってしまうから、何か良い方法を考えねばならぬ。とりあえずHPには載せよう。

不謹慎な字幕

最近は仕事が終わると、録画しておいた「远方的家(遠くの家)」というCCTVの番組を観ながら夕食に有り付くのが日課になっている。 「远方的家」は大野雄二の曲が印象的な「小さな旅」のような中国の紀行番組で、リポーターが中国各地の村を訪ね、文化や…

小児針

八王子中央診療所所長、小児科医の山田真氏が書いた『はじめてであう 小児科の本(福音館書店)』という本を読んだ。小児科関係の医学書はいくつか読んでいるが、これはとても良い本だと思う。最近、第三版が出たので、早速最新版をアマゾンで注文した。予防…

フリーペーパー

最近は患者さんが自分で灸の補助治療が出来るように、北京で集めた灸やら中医関連の資料を簡単にまとめて、無料で配布しようと企んでいる。内容的には一度私の頭の中にインプットした後、オリジナル的な要素を加えてアウトプットしたものだから、著作権的に…

海底捞月

先日、久しぶりに亜東書店へ行ってきた。台風の影響で豪雨だったからやめようと思ったが、多分帰りには晴れるだろうと予想してとりあえず出かけた。 亜東書店は主に中国語圏の書籍を輸入・販売している本屋で、小ぶりの店舗ではあるが中々の良書が並べられて…

想い出の島根

2014年12月、師匠のお母さんの訃報を人伝に聞いた。 2013年頃からお母さんは3度目の癌で自宅療養をしていた。2013年9月、私が島根での任務を終えて東京へ発つ前日、お母さんは私を御自宅へ招待して下さり、山陰での最後の晩餐として、山陰の名物を御馳走して…